スポンサーリンク

「レタス」と「サニーレタス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レタス」と「サニーレタス」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レタス」「サニーレタス」の違いを分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「レタス」とは?

「レタス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「レタス」は、「lettuce」と英語表記します。

「レタス」は、「キク科チシャの別名のこと。

日本では葉が重なり合って結球するタマヂシャのこと」
という意味があります。

「レタス」は、日本に江戸時代末期に渡来した野菜で、サラダなどに使う野菜になります。

ちなみに、「チシャ」はキク科の野菜を指し、ヨーロッパ原産で、葉を食用とするものを指します。

「レタス」以外にも、サラダ菜、カキチシャ、タチヂシャ、サンチュなどの種類があります。

結球するものを「球チシャ」と呼び、結球しないものを「カキチシャ」などと呼びます。

この中の結球する球チシャを「レタス」と呼びます。

ちなみに、結球がゆるい「レタス」は、日本では「サラダ菜」と呼ばれています。

「サニーレタス」とは?

「サニーレタス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「サニーレタス」「sunny lettuce」と英語表記します。

「サニーレタス」は、「葉がちりめん上で結球せず、上部が赤紫色をしたレタスのこと」という違いがあります。

「サニーレタス」は、サラダとして食べることが多く、焼肉などを巻いて食べる場合もあります。

「サニーレタス」のように、結球しないタイプの「レタス」には、「グリーンリーフ」「サンチュ」「ブーケレタス」「フリルレタス」などがあり、日本のスーパーでも、見かける機会が増えています。

「サニーレタス」は、一般的な「レタス」と比較すると、ベータカロチンの量が多く、8倍程度のベータカロチンを含むとされています。

このようなことから、「サニーレタスは、サラダとして食べるだけでなく、肉を焼いて食べられるので便利だ」とか、「サニーレタスはベータカロチンが豊富なので、健康的だ」などという文章を作ることができます。

「レタス」と「サニーレタス」の違い

「レタス」「サニーレタス」の違いを、分かりやすく解説します。

「レタス」は、「キク科チシャの別名のこと。

日本では葉が重なり合って結球するタマヂシャのこと」
という意味があります。

一方「サニーレタス」は、「葉がちりめん上で結球せず、上部が赤紫色をしたレタスのこと」という違いがあります。

「レタス」「サニーレタス」「チシャの一つ」という共通点があります。

ただし、「レタス」「サニーレタス」には、形に違いがあり、結球してボール状のものが「レタス」で、結球していないブーケ上のものが「サニーレタス」になります。

まとめ

「レタス」「サニーレタス」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、スーパーで野菜を購入するときに、迷いがなくなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物