スポンサーリンク

「汚い」と「汚らしい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「汚い」と「汚らしい」の違いとは?分かりやすく解釈二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「汚い」「汚らしい」の違いを分かりやすく説明していきます。

色々な語を、使い分けていきましょう。

スポンサーリンク

「汚い」とは?

汚い(きたない)とは、グチャグチャに汚れていること。

はっきりそうだと断言できるくらい、散らかっている状況をいいます。

足の踏み場がないくらい、物であふれていること。

まったく掃除していない、ひどい空間が「汚い」です。

もともと「汚」という漢字は「けがれ」をあらわす言葉。

見ていて嫌な気持ちがする環境、さわりたくない不快な物を、つたえる表現です。

そのため日常生活では泥まみれのシャツを「汚い洋服」、手入れをしていない住まいを「汚い家」といいます。

また「やり方が汚い」というと、ずるいやり方をあらわします。

空間や心のきたなさを表すのが「汚い」です。

「汚らしい」とは?

汚らしい(きたならしい)とは、ずいぶん汚く見えること。

いかにも不潔で、いい気分がしない場合に用いる表現です。

おぞましくて、思わず引いてしまう光景に対して使います。

「汚らしい」「~らしい」は推定や婉曲をあらわす言葉です。

ちなみに婉曲とは、ストレートな物言いを避けた言葉。

はっきり言い切ってしまうと、こちらの人格が疑われてしまいそうな際に用います。

そのため「汚らしい」で、はしたなく見えること。

不衛生で見苦しく思える様子です。

無精ひげが伸びていたり、下品な食べ方をしていたり、髪の毛がボサボサだったり、おもに「ある人の下品な言動」に対してつかいます。

「汚い」と「汚らしい」の違い

どちらも「汚」という漢字が付いています。

「汚い」「汚らしい」の違いを、分かりやすく解説します。

・言い切る「汚い」遠回しの「汚らしい」
どちらも、みっともないと思った場合に使う表現です。

「汚い」は、誰が見てもよごれている状況につかいます。

「池が汚い」「メガネのレンズが汚い」そして「部屋が汚い」といいます。

それぞれ水質が悪いこと、お手入れし忘れて乱雑な状況をあらわします。

はっきり言い切りたい場合に用いるのは「汚い」です。

そして「汚らしい」はおもに、人の動作に対して使います。

はっきり言い切ってしまうと相手を傷つけてしまいそうなとき、こちらに被害が及びそうなときに「汚らしい」といいます。

「汚い」は強くて、重みのある言葉です。

対して「汚らしい」「汚い」よりは、オブラートに包んだ語句。

ぼかしてある、やわらかい言い回しです。

どちらの語句にも「見ているこちらが嫌な気持ちになる」という共通点がありますが、その思いをはっきり明言しているのは「汚い」、より遠回しなのは「汚らしい」です。

まとめ

「汚い」「汚らしい」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも、見苦しい状況をあらわす言葉です。

「汚い」はそうした環境を、ストレートに例えた表現です。

そして「汚らしい」は、言葉を選んだ婉曲的な言い方です。

小さなニュアンスの差を、しっかりつかんでおきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物