スポンサーリンク

「鍛造の指輪」と「鋳造の指輪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鍛造の指輪」と「鋳造の指輪」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鍛造の指輪」「鋳造の指輪」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鍛造の指輪」とは?

「鍛造の指輪」は、プレス機や人間が手で金属を伸ばしていき指輪のリングを作り出す方法で、この方法で作り出した金属は不純物がプレスや叩き打ちの過程で外に排出されるため、金属の表面がきれいに仕上がり不純物が金属から取り除かれるという特性があります。

反面に、職人の手作業の場合、大量生産が難しいという点複雑な形を製作することが難しいという問題があります。

「鋳造の指輪」とは?

「鋳造の指輪」は、金属を金型に流し込んで作り出す指輪で、安価に大量生産が可能で一応複雑な形も金型を削り出して制作すれば簡単に大量生産が可能です。

ただ、この製法は、金属を溶かして流し込む過程で不純物が混じりこむと不純物を取り除くために叩き打ちという製法を繰り出せませんので奥深くに不純物が入ると指輪の強度に影響を及ぼします。

「鍛造の指輪」と「鋳造の指輪」の違い

「鍛造の指輪」は、金属を鍛え上げるが故、不純物がなく、かつ耐久性が抜群ですが、「鋳造の指輪」は金型から取り出して作る量産品なので耐久性は低く、言ってしまうと金属同士の結合が弱いという違いがあります。

なので、形が変形してしまう「鋳造の指輪」は、結合した金属ではないが故、人間の力で曲がってしまうのです。

「鍛造の指輪」の例文

・『鍛造の指輪を自ら製作する』
この例は、自ら金属をたたいて指輪を作るというものです。

なお、一応素人の方でも金属をたたいて指輪を作る「鍛造の指輪」を売りにしている工房があり、そちらで練習すれば実は素人の方でも自ら指輪を作り出すことが可能です。

「鋳造の指輪」の例文

・『鋳造の指輪が歪んできた』
この例は、量産品の金型で作った指輪が歪んだというものです。

なお、「鋳造品」は、歪みを直すことが難しく、再度とかして別の形にするなどをすれば別の指輪に生まれ変わります。

まとめ

「鋳造の指輪」については、金型を通して指輪と制作するという手法上大量生産が可能なんですが、問題においては金属がうまく結合しておらず、もろいです。

これは、刀で考えてもわかりやすく、中世の騎士の剣は金型で作るが故、案外と横からの力に弱く脆いです。

一方、鍛造は、日本刀で一本の鉄の棒から作り上げ、不純物を輩出していくので鉄が結合して強度が高くなり横からの力にも強い金属に生まれ変わります。

よって、「鍛造の指輪」も、日本刀と同様に高い耐久性があり案外と強い指輪になります。

ただ、アレンジが利かないという弱点があるのも事実で、金型を通さないが故、アレンジが利かず、職人の腕により金属の結合力も変わるので指輪づくりにうまい下手が出てしまうのも、「鍛造の指輪」の特性になります。

なお両者の指輪に関しては、金属を溶かして再度指輪を作り出すことは可能なので再利用できるという点においては両者とも共通しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物