スポンサーリンク

「地頭がいい」と「頭がいい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「地頭がいい」と「頭がいい」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「地頭がいい」「頭がいい」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「地頭がいい」とは?

「地頭がいい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「地頭がいい」は、「じあたまがいい」と読みます。

「地頭がいい」は、「大学などの教育で与えられたのではない、その人本来の頭の良さがあること」という意味があります。

一般に、知識の多寡ではなく、論理的思考力、コミュニケーション能力が高い人のことを指します。

例えば、知識に頼らず、論理的思考やコミュニケーション能力によって、正解を導き出す「脱出ゲーム」のようなゲームが注目を集めています。

このようなゲームが上手な人は、「地頭がいい人」と呼ばれる傾向があります。

また、生まれ持っての脳の機能が高く見えるのに、学校の成績に結びついていない人がいます。

この場合は、「地頭がいいが、勉強をしていないので、成績が悪い」などという文章を作ることができます。

「頭がいい」とは?

「頭がいい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「頭がいい」「あたまがいい」と読みます。

「頭がいい」は、「学力が高い人」を意味します。

例えば、高校のクラスで中間試験や期末試験の成績がトップの生徒がいる場合、「彼はクラスで一番頭がいい」などと表現される傾向があります。

また、学力が高く、優秀な大学に進んだ人がバイトをするときなど、「頭がいいのだから、家庭教師をすればいい」などとアドバイスされるかもしれません。

また「頭がいい」には「要領がいい人」という意味がある場合があります。

例えば、社内で要領よく立ち回り、出世コースに進んでいる社員がいる場合は、「上司と要領よく付き合って、出生コースにいるなんて、彼は頭がいいよ」などという文章を作ることができます。

「地頭がいい」と「頭がいい」の違い

「地頭がいい」「頭がいい」の違いを、分かりやすく解説します。

「地頭がいい」は、「大学などの教育で与えられたのではない、その人本来の頭の良さがあること」という意味があります。

一方で「頭がいい」は、「学力が高い人」を意味します。

どちらも、頭の良さがある人のことを意味する言葉という共通点があります。

ただし、生まれ持った性質として、脳の機能が高い人を、「地頭がいい」と呼び、後天的な努力などによって学力が高くなった人のことを「頭がいい」と呼ぶという違いがあります。

また、論理的な思考力やコミュニケーション能力など、知識では補えないような能力の高さを持つ人を「地頭がいい」と呼び、知識量が豊富で、何でも知っているような人を「頭がいい」と呼ぶ傾向があります。

まとめ

「地頭がいい」「頭がいい」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物