スポンサーリンク

「年休」と「有休」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「年休」と「有休」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「年休」「有休」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「年休」とは?

「年休」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「年休」は、「ねんきゅう」と読みます。

「年休」「年次有給休暇(ねんじゆうきゅうきゅうか)」の略語になります。

「年休」は、「1年ごとに労働者に与えられる有給休暇のこと」という意味があります。

労働基準法によると、6か月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、1年間に10日から20日間の「有給休暇」を与えるよう定めています。

例えば、入社2年目の社員が、1年間に10日間の「有給休暇」を取る権利が与えられた場合は、自由に10日間の休みを取ることができ、さらにその10日間に関しては、勤務している時と同じ給料を得られるということになります。

そのため、年休をすべて使って海外旅行に行こうと計画している場合は、「年休を一気に使って、海外旅行に行きたい」などという文章を作ることができます。

「有休」とは?

「有休」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「有休」「ゆうきゅう」と読みます。

「有休」は、「有給休暇(ゆうきゅうきゅうか)」の略語になります。

「有休」は、「休んでも出勤と同様に賃金の支払われる休暇のこと」という意味があります。

例えば、月によっては祝日の少ない場合があります。

そこで、「有給休暇」を取って、休みを増やそうとする人がいるかもしれません。

この場合は、「祝日が少ないため、有休をとって、休みを増やしたい」などという文章を作ることができます。

また、どうしても見たいコンサートがある時、日時の都合で会社を休む必要があるかもしれません。

この場合は、「有給休暇」を取って、コンサートに行く選択肢があります。

そこで、「有休を使い、コンサートを見に行く」などという文章にできます。

さらに、年度末が近づいているのに、忙しく働いていて、「年休」をすべて消化していないかもしれません。

せっかくだから「有給休暇」を取ろうと思うとき、「年度末なので駆け込みで、有休をとった」などという文章を作ることができます。

「年休」と「有休」の違い

「年休」「有休」の違いを、分かりやすく解説します。

「年休」は、「1年ごとに労働者に与えられる有給休暇のこと」という意味があります。

一方で「有休」は、「休んでも出勤と同様に賃金の支払われる休暇のこと」という意味があります。

このように、一年ごとに与えられる「有給休暇」を、総称して「年休」と呼ぶ」ことになります。

そのため、賃金の支払らわれる休暇のことを「有休」と呼ぶのに対して、一年分をまとめて言う場合は「年休」と呼ぶという違いがあります。

まとめ

「年休」「有休」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物