「明渡し」と「引渡し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明渡し」と「引渡し」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明渡し」「引渡し」の違いを分かりやすく説明していきます。

「明渡し」とは?

「明渡し」の意味と概要について紹介します。

意味

「明渡し」「あけわたし」と読み、不動産用語です。

意味は「土地や建物、マンションなどを元の状態に戻してから立ち退き、相手に完全に権利を譲り渡すこと」です。

概要

「明渡し」は名詞で、文法的に動詞は「明渡す」ですが、不動産用語として使う時には「明渡しする」になります。

建物内に家具や備品など本人の所有物がある場合、全て撤去して、借りる前の状態に戻してから立ち退くことを言います。

電気・ガス・水道などは精算して、大家や不動産会社にカギを返すのが一般的です。

「引渡し」とは?

「引渡し」の意味と概要について紹介します。

意味

「引渡し」「ひきわたし」と読み、「土地や建物、マンションなどを現状の状態で立ち退き、相手に権利を譲り渡すこと」です。

「明渡し」「引渡し」に含まれます。

概要

「引渡し」は名詞で、文法的に動詞は「引渡す」ですが、不動産用語とひて使う時には「引渡しする」になります。

建物内に家具や備品等が残っていても、入居者が退去して、大家や不動産会社にカギを返せば成立します。

更に家具を撤去した状態で退去すれば「明渡し」になるのです。

「明渡し」と「引渡し」の違い!

「明渡し」は、「建物の荷物を全て搬出して退去すること」です。

「引渡し」は、「建物に家具が残っていても退去すること」です。

まとめ

「明渡し」「引渡し」は、返却するときの物件の状況により違いがあります。

どの様な状態で退去するのかにより使い分けましょう。