「勿論」と「無論」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勿論」と「無論」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勿論」「無論」の違いを分かりやすく説明していきます。

「勿論」の意味や使い方

「勿論」の意味や使い方について紹介します。

意味

「勿論」「もちろん」と読みます。

意味は「論じる必要がないほどはっきりしていること」「いうまでもなく」です。

「論ずる勿れ(ろんずるなかれ)」という意味の漢語からきている言葉です。

使い方

「勿論」は副詞で、「勿論そうするつもりだ」など、動詞を伴って使います。

会話では人からの問いかけに対して「勿論」と一言で返事をすることが多くなります。

「勿」「なかれ」とも読み、形容詞「なし」の命令形で、「してはいけない」「するな」という禁止の意味があります。

「論じてはいけない=そうに決まっている」という意味を強調する言葉で、相手が言ったことや事実としてあることを受け入れて、自分の意見を付け加える時の表現です。

相手と意思疎通ができて話題を共有している雰囲気が含まれています。

「無論」の意味や使い方

「無論」の意味や使い方について紹介します。

意味

「無論」「むろん」と読みます。

意味は「論じる必要がないほどはっきりとしていること」「いうまでもなく」で、「勿論」と同じです。

「論ずること無し」という意味の漢語から来ている言葉です。

使い方

「無論」は副詞で「無論そうなるはずだ」など、動詞を伴って使います。

文語調な言い方であり、日常会話で使うと武士の様な感じになります。

「無」「なし」と読み、「存在しないこと」「~のないこと」「~ない人」という意味があります。

「無論」は相手の言うことに対して「論ずること無し」と、切り捨てるニュアンスがあります。

上から目線で話したり、そこで会話を終わりにするなど冷たいイメージの言葉です。

「勿論」と「無論」の違い

「勿論」「無論」の違いについて分り易く説明します。

語調

「勿論」は口語的で、日常会話に使えます。

「無論」は文語的で、古めかしい雰囲気を出したり、文章中に使われることが多くなります。

ニュアンス

「勿論」は、相手の言うことを受け入れて話しを続けるニュアンスがあります。

「無論」は、上から目線で相手の言うことを聞き入れないニュアンスがあります。

「勿論」を使った例文と意味を解釈

「その様なリスクがあることも勿論理解している」

相手からリスクを指摘された時に、そのことも既に知っていて納得していると言っています。

「無論」を使った例文と意味を解釈

「無論その様な事態にならない様に努力をする」

相手から何等かの問題点やリスクを指摘された時に、とっくに分かっていて対策も考えていると言っています。

相手の言ったことに対して反発している様子を表しています。

まとめ

「勿論」「無論」は、基本的には同じ意味です。

日常会話で使えるか、堅苦しい言い方で相手に威圧感を与えるかで使い分けましょう。