「雑草」と「野草」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雑草」と「野草」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雑草」「野草」の違いを分かりやすく説明していきます。

「雑草」とは?

「雑草」とは?

「雑草」の意味と概要について紹介します。

意味

「雑草」「ざっそう」と読み、「人により整備・管理されている土地に生えた草」という意味です。

本来生えてきて欲しくない場所に自然に生えてくる草のことを言います。

概要

「雑草」は、人が管理している土地に勝手に生えてくる草で、人にとっては余計なもののことを言います。

具体的には「畑・田・庭・花壇・庭・道路」などがあります。

その場所に他の目的で野菜や植物が栽培されていると、雑草により養分が吸い取られてしまい、よく育たなくなってしまうのです。

「雑草」はそのまま放置して季節の移りかわりに任せることもあれば、人手を使って除去することもあります。

「野草」とは?

「野草」とは?

「野草」の意味と概要について紹介します。

意味

「野草」「やそう」と読み、「人間の手が加えられていない土地に生えている草」という意味です。

普段人が関わらない場所に自然に生えてく草のことです。

概要

「野草」は、人が日常的に立ち寄ることがあまりなく、自然のまま放置されている場所に生えてくる草で、人にとってはあまり興味・関心がないものです。

具体的にあ「草原・山野・森林」などがあり、中には食べられるものもあります。

「野草」「野に生えてくる草」のことを言い、人によっては「雑草」と呼ぶこともあります。

「雑草」と「野草」の違い!

「雑草」と「野草」の違い!

「雑草」は、「人が整備・管理している土地に生える、余計な草のこと」です。

「野草」は、「普段人が関わらない土地に生える、自然な草のこと」です。

まとめ

まとめ

「雑草」「野草」は、生えてくる場所に違いがあります。

街中に生えているのは「雑草」、野山に生えるのは「野草」と使い分けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物