「木の実」と「果物」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「木の実」と「果物」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「木の実」「果物」の違いを分かりやすく説明していきます。

「木の実」とは?

「木の実」の意味と概要について紹介します。

「木の実」の意味

「木の実」「きのみ」「このみ」と読みます。

意味は「木になる果実で、特に種子が硬い外皮に包まれて乾燥しているもののこと」です。

「木の実」の概要

「木の実」は、樹木に成った果実全般のことを言います。

主に、樹木の種子が硬い外皮で覆われた、乾燥しているもののことで、英語では「nuts(ナッツ)」と呼ばれています。

硬めですが食べられるものも多く、古代からすりつぶして焼き固めるなど、食料とされてきました。

「木の実」は種となる部分を食べるもので、現在でもお酒のつまみとして人気のある「カシューナッツ・クルミ・アーモンド」などが代表的です。

また、「栗」「銀杏」などは、熱を加えて調理をして食べられています。

「果物」とは?

「果物」の意味と概要について紹介します。

「果物」の意味

「果物」「くだもの」と読みます。

意味は、「木や草などになる実で、汁けが多く甘味があり、食べられるもののこと」です。

「果物」の概要

「果物」は、種子の周囲の果肉が食べられるもののことで、柔らかくて汁気が多く、そのままでも食べらえて、甘味や酸味があるもののことを言います。

樹木になるものもあれば、草や低木などになるものもあり、「リンゴ・ミカン・バナナ・グレープフルーツ」など、フルーツとして親しまれてます。

尚、「イチゴ・スイカ・メロン」などは、園芸的には野菜となっていますが、市場では「果物」として扱われています。

「木の実」と「果物」の違い!

「木の実」「木に出来る果実全般のこと、主に種子が食べられる物を表す」です。

「果物」「果肉が柔らかく、そのまま食べられる果実のこと」です。

まとめ

今回は「木の実」「果物」の違いをお伝えしました。

「木の実は種を食べるもの」「果物は果肉を食べるもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物