「羊」と「山羊(やぎ)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「羊」と「山羊(やぎ)」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「羊」「山羊(やぎ)」の違いを分かりやすく説明していきます。

「羊」とは?

「羊」とは、ウシ科の哺乳類で草食性です。

見た目が「山羊(やぎ)」に似ています。

角は渦巻形をしていますが、角がない「羊」もいます。

一般的に性格が温和で常に群れを作っています。

「羊」は細くて柔らかい毛が全身に生えていますが、これは羊毛(毛糸)として人間に利用されています。

毛だけではなく、毛皮、肉、乳なども利用することができますので、古い時代から世界の各地で飼われています。

徹底的に人間に利用される動物とも言えますし、飼育方法、扱いなど非人道的な問題もないわけではありません。

「山羊(やぎ)」とは?

「山羊(やぎ)」とは、ウシ科の哺乳類で、多くは二本の角があり、オスの場合はあごひげがあります。

「山羊(やぎ)」の乳は栄養に富み、肉、皮、毛も人間に利用されています。

「山羊(やぎ)」は粗食にも耐えて、体が丈夫ということから、飼育が簡単な動物とされています。

基本的には家畜として飼育されているのですが、無人島などにおいては野生化していることもあります。

しかしこの野生化した「山羊(やぎ)」は島の生態系に影響があると心配もされています。

「羊」と「山羊(やぎ)」の違い!

「羊」「山羊(やぎ)」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもウシ科の哺乳類という共通点があり、見た目もどこか似ているところがあります。

違いの見分け方としては、毛、角、あごひげといったことでしょうか。

一般的に「羊」の方がもこもことした体毛があり丸っこい印象があります。

角は「羊」は渦巻形です。

そしてあごひげがある方が「山羊(やぎ)」と覚えておくといいでしょう。

また普段いる場所として、「羊」は草がある場所といったイメージがあります。

一方で「山羊(やぎ)」は高い山の上といったイメージがあります。

アルプスの少女ハイジに出てくるのは「山羊(やぎ)」です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「羊」「山羊(やぎ)」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

雰囲気が似ているのですが、それぞれの特徴をあげましたので、しっかり見分けてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物