「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マウンテンバイク」「ロードバイク」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マウンテンバイク」とは?

「マウンテンバイク」とは?

「マウンテンバイク」とは、オフロードの走行に向いた作りをしている自転車のことです。

「バイク」とありますが、エンジンが付いたオートバイのことではありません。

一般的な自転車の「軽快車」と比較して、タイヤに前後とも太い特別なものが使用されており、それをカバーするように大きな泥除けが付いているのが特徴です。

また、比較的小さなサイズのものが多く、その他にも未舗装の道を走りやすいように色々な工夫がされています。

もちろん、一般の舗装道を走る分にも問題はなく、軽快車より車体が軽く作られている為、普段の通学などに使っている姿もよく見掛けます。

「ロードバイク」とは?

「ロードバイク」とは?

「ロードバイク」は、舗装された道を速く走る為の自転車になります。

こちらは大型のものがメインになり、サドルに座った状態で足が地面に付かないスタイルになるのが普通なので、停車時には自転車から一端降りないといけません。

軽快車より細いタイヤなのも特徴で、その為にこの「ロードバイクで未舗装の道を走るのはとても危険」です。

また、泥除けはおろか、スタンドまで付いていないものも多く、極力作られており、中には5キロ程度しかないものもあり(軽快車は15~20キロあります)、競技用としてもそのまま使えるものがほとんどです。

「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の違い

「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の違い

「マウンテンバイク」「ロードバイク」の違いを、分かりやすく解説します。

「マウンテンバイク」は、未舗装の道を走る為の自転車で、それに合った特徴となっています。

「ロードバイク」の方は、舗装された道を速く走る為の自転車になり、ロードレースと呼ばれる自転車競技にも使われています。

このように、これらは用途が全く違う自転車になります。

どちらでも一般の道を走ることができますが、「ロードバイク」は、停車時に足が付かないなどの扱いが難しい面があります。

まとめ

まとめ

「マウンテンバイク」「ロードバイク」は、このような違いになります。

どちらも街中でよく見掛けますが、軽快車からの乗り換え時には、慣れるまで注意して乗ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物