「急行」と「快速」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「急行」と「快速」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「急行」「快速」の違いを分かりやすく説明していきます。

「急行」とは?

「急行(きゅうこう)」とは、「特定路線における停車駅の数に応じた列車(電車)の種別・分類のうち、特急の次に停車駅が少なくて到着時間が早い列車(電車)」のことを意味しています。

一般的な鉄道会社における列車(電車)の種別は、停車駅の数が少なく目的地までの到着時間が早いものから順番に、「特急」「急行」「快速」「準急」「普通」となっています。

ただし、東武鉄道の東武本線系統のように「急行」よりも「快速」の停車駅が少ない例外的な鉄道会社の路線もあります。

「快速」とは?

「快速(かいそく)」とは、「特定路線における停車駅の数に応じた列車(電車)の種別・分類のうち、急行の次に停車駅が少なくて到着時間が早い列車(電車)」のことを意味しています。

「快速」というのは、鉄道会社における列車(電車)の種別において、「急行」よりも遅いが「準急・普通」よりは早い列車の種別を示しているのです。

ただし、東武鉄道や神戸電鉄の路線のように、「快速」のほうが「急行」よりも早いという例外的な鉄道会社の路線・分類のケースもあります。

「急行」と「快速」の違い!

「急行」「快速」の違いを、分かりやすく解説します。

「急行」「快速」「一定区間の停車駅の数によって列車(電車)を分類した種別・種類」のことを意味している言葉ですが、一般的に「急行」のほうが「快速」よりも「目的の駅までの到着時間が短い上位種別」になっている違いがあります。

一般的な鉄道会社における列車(電車)の種別・分類は、停車駅の数が少なくて目的の駅までの到着時間が早いものから順番に、「特急」「急行」「快速」「準急」「普通」に分けられていて、「急行」のほうが「快速」よりも「停車駅の数が少ない・目的の駅に着く時間が早い」という違いを指摘できるのです。

ただし、東武本線や神戸鉄道のように「快速」のほうが「急行」の上位車種の種別になっているような例外的な鉄道会社の路線もあります。

まとめ

「急行」「快速」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「急行」とは「特急の次に停車駅が少なくて到着時間が早い列車(電車)」を意味していて、「快速」「急行の次に停車駅が少なくて到着時間が早い列車(電車)」を意味している違いがあります。

ただし、東武鉄道の東武本線系統のように「快速」のほうが「急行」よりも停車駅が少ない例外もあります。

「急行」「快速」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物