「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クロスバイク」「マウンテンバイク」の違いを分かりやすく説明していきます。

「クロスバイク」とは?

「クロスバイク」とは、街乗りに適した作りとなっている自転車です。

一般的な「軽快車」(ママチャリ)と比較して、それよりも早く走ることができ、それでいて走りに特化した「ロードバイク」より乗りやすいのが特徴となっています。

見た目はその「ロードバイク」に近いものの、ハンドルはT字のことが多く、タイヤは軽快車より太いものが使われており、篭を付けて使われている姿もよく見掛けます。

よって、「軽快車」より走れるようになっていて、「ロードバイク」とまではいかない存在だと表現すると分かりやすいと思います。

「マウンテンバイク」とは?

「マウンテンバイク」とは、オブロード走行に適した自転車で、太いタイヤがその特徴となっています。

多少の段差などは何ともかく、サスペンションが搭載されたものになると、高低差のあるジャンプにまで対応しています。

街乗りに使えないこともなく、使われているタイヤやサスペンションなどから、軽快車より安定した走りが期待できます。

ただし、篭を付けて使っても、それほど荷物が運べるような自転車ではなく、また、早く走る為の自転車ではない為、基本的に路面の悪い場所向けとなっています。

「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の違い

「クロスバイク」「マウンテンバイク」の違いを、分かりやすく解説します。

「クロスバイク」は、そこまで本格的ではなく、少し走りに重点を置いた自転車だと表現できます。

軽快車と比べると、それよりも早く走ることができますが、「ロードバイク」には敵わず、その分安定性が高くなっています。

「マウンテンバイク」は、安定性なら一番です。

これを使ったオフロード競技が開催されており、山道さえすいすいと走っている様子が見られます。

街乗りにはそれほど向いていると言えませんが、雨の日や砂利道などにはとても適している自転車です。

まとめ

「クロスバイク」「マウンテンバイク」は、このような違いになります。

「クロスバイク」は、通勤や通学には一番向いている自転車で、近年では街中でよく見掛けるようになってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物