「社有車」と「社用車」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社有車」と「社用車」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社有車」「社用車」の違いを分かりやすく説明していきます。

「社有車」とは?

「社有車」の意味と概要について紹介します。

「社有車」の意味

「社有車」「しゃゆうしゃ」と読みます。

意味は「道路交通法で定められた自動車のうち、会社の名義であるもの」のことです。

「社有車」の概要

「社有車」は、会社に所有権がある車のことで、車検証の「所有者の氏名または名称」の項目に会社名が記載されていれば、その会社の「社有車」になります。

個人や他の企業に貸していても、名義となる会社の「社有車」になります。

一般的にはその会社の業務を遂行させる為に使われることが多くなり、「社用車」の中で「会社の持ち車」ということになります。

「社用車」とは?

「社用車」の意味と概要について紹介します。

「社用車」の意味

「社用車」「しゃようしゃ」と読みます。

意味は「会社の仕事用として使う車のこと、リースなどによる会社の保有車も含まれる」になります。

「社用車」の概要

「社用車」は、会社の業務様に使う車のことで、多くの場合はその会社の名義である「社有車」ですが、中にはリースや賃貸などによるものもあります。

主に普通自動車や軽自動車ですが、業種によってはオートバイやトラックなどもあります。

「社用車」の用途として最も多いのが「営業車」で、外回りをする時に使います。

コスト削減を重視することから、軽装備で単機能な車が多くなります。

次に多いのが「社長・重役車」で、黒や紺などの高級乗用車が使われます。

「社有車」と「社用車」の違い!

「社有車」は、「会社の名義となっている車のこと」です。

「社用車」は、「会社の業務に使う車のこと」です。

まとめ

今回は「社有車」「社用車」の違いをお伝えしました。

「社有車」「社用車」に含まれ、どちらも「会社の業務に使う車で名義が誰かという問題」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物