「トラック」と「トレーラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トラック」と「トレーラー」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トラック」「トレーラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「トラック」とは?

「トラック」とは、荷物を運ぶ為の車両になります。

荷台の部分に色々なものを載せることができ、引越しの際によく見掛ける車両がこれに当たります。

荷台にそのまま荷物を載せるタイプと、その部分がコンテナ状になっているものがあり、業者の引越し用の車両では、後者が多く使われています。

また、荷台が載せ替えられるタイプも存在し、そのまま荷物が載せられたり、その部分をコンテナ状にすることができます。

「トレーラー」とは?

「トレーラー」は、一般のものより大型で、荷台の部分が切り離せる「トラック」のことです。

大きいものは荷台も含めて20メートル以上にもなることがあり、曲がる時には内輪差などの考慮が必要になる為、それなりのテクニックを要します。

つまり、荷台となる部分の牽引車両という扱いになり、それによって大きさ(長さ)が異なります。

本体となる部分は四輪で、それほど大きくはありませんが、その後ろに車輪が付いた様々な荷台がくっ付くと考えてください。

「トラック」と「トレーラー」の違い

「トラック」「トレーラー」の違いを、分かりやすく解説します。

「トラック」は、荷台が載せ替えられるものも存在しますが、基本的にはそのままのスタイルで使われ、荷物を運ぶ為の車両です。

「トレーラー」は、牽引車両となる前方の部分と、荷台の部分に分かれているのが特徴で、これという基本的なスタイルはありません。

牽引する荷台によっては、とても大きな車両になります。

尚、「トレーラー」は、荷物を運ぶという目的以外にも使われることがあり、荷台部分に何かの宣伝が大きく書かれたそれが走っていることがあります。

「トレーラー」は、そのような用途でもまま利用されています。

まとめ

「トラック」「トレーラー」は、このような違いになります。

牽引部分となる本体と荷台部分が明確に分かれている(切り離せる)車両が「トレーラー」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物