「船」と「舟」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「船」と「舟」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「船」「舟」の違いを分かりやすく説明していきます。

「船」とは?

「船」の意味と概要について紹介します。

意味

「船」とは、「水上を移動する乗り物のことで、大型のもの」という意味です。

規模が大きくエンジンが付いていて、客室などがある構造のものを言います。

概要

「船」は、本来規模の大きさを表す意味は含まれていないのですが、イメージ的に大型で、エンジンで動くタイプです。

豪華客船や、クルーズ船など、大洋を航行して、大勢の旅客や大量の貨物を運ぶものを表すことが多いのです。

長期に渡り航海することから、専門のエンジニアや医師などが乗り込み、人が生活できる様な設備が整っています。

「舟」とは?

「舟」の意味と概要について紹介します。

意味

「舟」は、「水上を移動する乗り物のことで、小型のもの」という意味です。

規模が小さく、人力か、エンジンが付いていてもモーターなど小型になります。

概要

「舟」は、釣り舟や渡り舟など、人力で動かしたり、船頭が動かすものをイメージします。

海に出て行っても短時間で戻ってくるタイプで、「ボート」もこのタイプです。

洪水になった時にレスキューが使用したり、池や湖に浮かべてカップルが乗ったりするものも「舟」になります。

「船」と「舟」の違い!

「船」は、「海を航海できる設備が整った、大型でエンジンが付いているもの」です。

「舟」は、「釣りやレジャー、川を渡る為などに使う、小型のもの」です。

まとめ

「船」「舟」は、大きさと規模に違いがあります。

どれくらいの規模のものかにより、使い分けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物