「絶無」と「皆無」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絶無」と「皆無」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「絶無」「皆無」は似たような意味を連想させる紛らわしい言葉ですが、「絶無」「皆無」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「絶無」「皆無」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「絶無」とは?

「絶無(ぜつむ)」という表現は、「ある物事・現象・事例が絶え果てていてまったく無いこと」「一切無いこと」を意味しています。

「絶無」の言葉は、「この世で人々の不幸がなかった時代など絶無でした」のような例文で使用することができます。

「皆無」とは?

「皆無(かいむ)」という言葉は、「ある物事・事例が、まったく存在しないこと」「全然無いこと」を意味しています。

「皆無」には、「ことごとく・一つも残らず」「まったく・さっぱり」を意味する副詞的な用法の意味もあります。

「皆無」の表現は、「彼は負けたことが皆無でした」「皆無(まったく)、利益を出すことができない」などの文章で使えます。

「絶無」と「皆無」の違い!

「絶無」「皆無」の違いを、分かりやすく解説します。

「絶無」という言葉も「皆無」という言葉も「ある物事・事例がまったく無いこと」を意味している点では共通していますが、「絶無」「ある物事・現象・事例などが絶え果てている、無くなっている」という意味のニュアンスが強くなっています。

それに対して、「皆無」という言葉は「ある物事(事例)が、一つ残らずまったく存在しないさま」という意味のニュアンスが強くなっている違いがあるのです。

また「皆無」には「絶無」にはない「副詞的用法」があるという違いも指摘できます。

「皆無」「皆無、失敗しても良いのです」のように「ことごとく・残らず」を意味する副詞的用法があります。

さらに「皆無、勝目がありません」のように「まったく・さっぱり」を示す副詞的な意味合いも持っています。

まとめ

「絶無」「皆無」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「絶無」という表現は、「ある物事が絶えていてまったく無いこと」を意味しています。

それに対して、「皆無」というのは「ある物事・事例が、まったく存在しないこと」「ことごとく・まったく(副詞的用法)」の意味合いを持っています。

「絶無」「皆無」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。