「バイク」と「オートバイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バイク」と「オートバイ」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バイク」「オートバイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「バイク」とは?

「バイク」とは?

「バイク」とは、2つの意味で使われる言葉です。

1つ目は、スポーツタイプの自転車のことで、オフロード用の「マウンテンバイク」や、舗装された道での自転車レースに使用される「ロードバイク」といった名称が有名です。

一般的な「軽快車」と呼ばれる自転車はこのようには表現せず、自転車に対して「バイク」と使う時には、何かのスポーツに特化した特殊なタイプだと考えていいでしょう。

もう1つは、エンジンの付いている、以下に紹介する「オートバイ」のこととしての使われ方です。

単に「バイク」と使った時には、そちらのことだと考えていいでしょう。

「オートバイ」とは?

「オートバイ」とは?

「オートバイ」は、エンジンによって走る二輪車の総称です。

近年では、電気モーターで走るものも登場しており、そちらもこのように呼んで構いません。

排気量別に必要になる運転免許が違い、50cc以下は原付免許、125ccまでは小型免許、400ccまでは中型免許、それより上の排気量になると、俗に限定解除とも呼ばれる大型免許が必要になります。

この「オートバイ」は、主に両足を揃えて乗る、いわゆるスクータータイプと、ロードレースで見るようなレーサータイプ、そして、雰囲気重視のネイキッドタイプの3つに分かれます。

「バイク」と「オートバイ」の違い

「バイク」と「オートバイ」の違い

「バイク」「オートバイ」の違いを、分かりやすく解説します。

「バイク」は、一部のスポーツタイプの自転車、または「オートバイ」と同じ意味で使われる言葉です。

「オートバイ」は、エンジン(またはモーター)を動力として走る二輪車のことで、中には特殊な三輪のものも存在します。

尚、放送用語における「バイク」は、排気量が50cc以下の「オートバイ」を指します。

それより大きなものは「オートバイ」という明確な使い分けがあり、「バイクとオートバイの衝突事故」といったように使うことがあります(この場合、どちらかは50cc以下だと分かります)。

まとめ

まとめ

「バイク」「オートバイ」は、このような違いになります。

一般に使う場合には、「バイク」という表現に排気量の制限はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物