「三輪車」と「キックバイク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「三輪車」と「キックバイク」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「三輪車」「キックバイク」の違いを分かりやすく説明していきます。

「三輪車」とは?

「三輪車(さんりんしゃ)」とは、「三つの車輪を持つ乗り物の総称」を意味する言葉です。

「三輪車」には「大人も乗る実用的な三輪自転車」「エンジン搭載の三輪自動車」もありますが、一般的に「三輪車」という時には「幼児向け(2~5歳くらい)の乗用玩具」を意味しています。

「三輪車」は自転車に乗れるようになる前の幼児が使うことが多く、後ろに二つの車輪がついていて安定しているため、転倒の危険がほとんどありません。

「キックバイク」とは?

「キックバイク」とは、「自転車のようにまたがって乗り、足で地面を蹴って進むペダルのない幼児向けの二輪遊具(商標名のバランスバイク)」のことを意味しています。

「キックバイク」というのは、「2~6歳くらいの幼児・児童を対象にした乗用玩具」であり、座高が低くて足がつくため、転倒する危険が低くなっています。

「キックバイク」には、「トレーニングバイク」「ストライダー」「ランニングバイク」といった呼び方もあります。

「キックバイク」は基本的に子供向けですが、「大人用のキックスケーターに似たサドルのない乗り物」もあります。

「三輪車」と「キックバイク」の違い!

「三輪車」「キックバイク」の違いを、分かりやすく解説します。

「三輪車」「キックバイク」も、まだ「補助輪なしの二輪の自転車」には乗ることができない幼児向けの安全性が高い乗り物という点では共通していますが、「三輪車」には「車輪が三つ付いていてペダルもある」という特徴があります。

「キックバイク」は、「三輪車」と比べると「車輪が二つしかついていない」「ペダルがついていない」という違いがあるのです。

「三輪車」「ペダルを漕いで進む三つの車輪がある自転車」ですが、「キックバイク」「ペダルなしで、足で地面を蹴って進む(座高が低くて足がつく)幼児向けの乗り物」である違いを指摘できます。

まとめ

「三輪車」「キックバイク」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「三輪車」とは「二輪車よりもこけにくい特長がある、三つの車輪を持つ自転車の総称」を意味していて、「キックバイク」「自転車のようにまたがって乗るが、足で地面を蹴って進むことを前提にしたペダルのない幼児向けの二輪遊具(バランスバイク)」を意味している違いがあります。

「三輪車」「キックバイク」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物