スポンサーリンク

「乗車券」と「回数券」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「乗車券」と「回数券」の違い乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「乗車券」「回数券」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「乗車券」とは?

「乗車券」とは?

「乗車券」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「乗車券」「じょうしゃけん」と読みます。

「乗車券」「鉄道やバスなどの交通機関が発行する切符のこと」という意味があります。

普通乗車券や回数乗車券、また定期乗車券などがあります。

この切符を持っていると、電車やバスに乗ることができます。

「乗車券」には運送の内容によって、様々な種類があります。

「普通乗車券」は、標準的な賃率に基づく運賃によって、発券されたものを言います。

「割引乗車券」は、普通乗車券よりも割引されて発売される乗車券のことを指します。

また、目的地まで片道の「乗車券」「片道乗車券」といい、往券と復券が連続しているものを「往復乗車券」と言います。

他にも、『青春18きっぷ』や、観光地の交通機関を自由に乗降できる「周遊きっぷ」などの「企画乗車券」があります。

また、「乗車券」の素材は様々で、固い厚紙で作られた「硬券(こうけん)」や、柔らかい紙で作られた「軟券(なんけん)」、最近の主流になっている「ICカード」などがあります。

「回数券」とは?

「回数券」とは?

「回数券」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「回数券」「かいすうけん」と読みます。

「回数券」は、「同じサービスを何度も利用する客のために、乗車券や入場券、食券などを何枚か一綴りにして発行する金券のこと」を指します。

毎回、お金を払うよりも、割引料金になっているケースが一般的になります。

客側としては、同じサービスを割安で受けられ、毎回金券を買う煩わしさがないというメリットがあり、発行者から見れば、複数回のサービス利用が見込め、さらに毎回金券を発売するコストに比べると安く済むというメリットがあります。

また、有効期限が設定されている場合がほとんどになります。

「回数券」の代表的なものが、交通機関が発行する「回数乗車券」になります。

通常「回数券」と呼ばれます。

例えば、鉄道の「回数券」は、11枚綴りの「乗車券」が、10枚分の価格で販売されるなど、割引した料金で販売されています。

「乗車券」と「回数券」の違い

「乗車券」と「回数券」の違い

「乗車券」「回数券」の違いを、分かりやすく解説します。

「乗車券」「鉄道やバスなどの交通機関が発行する切符のこと」という意味があります。

「回数券」は、「同じサービスを何度も利用する客のために、乗車券や入場券、食券などを何枚か一綴りにして発行する金券のこと」を意味します。

「乗車券」は鉄道やバスなどに乗るための切符を意味し、「回数券」は鉄道やバスなどの交通機関も含め、レストランや娯楽施設の食券や入場券にも利用されています。

「回数乗車券」の意味で「回数券」と使った場合は、「乗車券」の数枚分が、一綴りになって割引料金で販売されたものという意味になり、「回数券」「乗車券」の一つと言うことができます。

まとめ

まとめ

「乗車券」「回数券」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知ることで、使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物