スポンサーリンク

「フェラーリ458」と「フェラーリ488」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フェラーリ458」と「フェラーリ488」の違い乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フェラーリ458」「フェラーリ488」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フェラーリ458」とは?

「フェラーリ458」とは?

「フェラーリ458」は、4. 5リッターのエンジンを搭載し、駆動方式はミッドシップであるMRです。

このモデルはクーペと呼び、2人乗りの完全なるスポーツカーです。

ファミリーカーのように4人乗りや5人乗りという乗り方はできないのがこのモデルになります。

なお、後に出るオープンカータイプのスパイダーもクーペであるシャシを流用しているため、定員は2名です。

「フェラーリ488」とは?

「フェラーリ488」とは?

「フェラーリ488」は、選考して販売している、458を改良したモデルで、エンジンを小型化したうえでターボエンジンを採用することでパワーを確立したモデルです。

ボディの形状に若干ながら変化が加えられていますがこれは、エンジン性能が向上し、自然吸気時よりもパワーが向上したが故、ボディが作り出すダウンフォースを利用するよう改良を施したが故になります。

なお、このモデルは、さらにダウンフォースを追究し、可変式のフラップを採用することで減速時において安定をするよう設計されています。

「フェラーリ458」と「フェラーリ488」の違い

「フェラーリ458」と「フェラーリ488」の違い

「フェラーリ458」「フェラーリ488」の違いは、自然吸気であるかターボであるかで、ターボの側は、姿勢安定装置があるかどうかです。

「フェラーリ458」は、自然吸気故に電子制御で姿勢を制御できるのですが、「フェラーリ488」は、ターボ車なので姿勢の安定に電子制御を使用するだけでは不十分でフラップというダウンフォースを作り出す装置を採用しています。

「フェラーリ458」の例文

「フェラーリ458」の例文

・『フェラーリ458は自然吸気故電子制御が可能』
この例は、「フェラーリ458」のエンジンは、自然吸気だったが故、エンジンの制御をすべて電子化できたという例です。

ただ、電子制御してもパワーは570馬力なので扱うことができるかどうかは未知数です。

「フェラーリ488」の例文

「フェラーリ488」の例文

・『フェラーリ488は、ターボ故電子制御だけでは姿勢制御ができない』
この例は、「フェラーリ488」の設計において電子制御だけでは、車をコントロールできないという例になります。

というのも、ターボはターボラグが発生したり急激に生まれるパワーをいなすことにおいて制御が難しく、特に減速時において問題が生じるため、無理やりにでも車を地面に引っ付ける必要があり、採用されたのが電子制御式の空力制御装置です。

まとめ

まとめ

「フェラーリ458」は、自然吸気で、どちらかというと電子制御により安全の確立を行っているモデルで、より、パワーを求めた結果「フェラーリ488」というターボ車に行き着きます。

その上で「フェラーリ488」はエンジンを小さくしたうえで過給機を搭載し、455よりも100馬力ものパワーを追加しました。

ただ、パワーが高すぎる車は姿勢の制御ができなくなるため姿勢の制御にフラップという羽を使用して姿勢を制御することで一応安全性を確立しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物