スポンサーリンク

「社員証」と「名刺」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社員証」と「名刺」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社員証」「名刺」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「社員証」とは?

「社員証」とは?

「社員証」とは、その会社の社員だと証明する為のもので、カードになっていることがほとんどです。

顔写真と名前、社員番号、部署、役職などが記載されており、勤務時間中にはこれを紐で首から下げたり、胸に着けておくよう義務付けられている会社も多いです。

ただのカードではなく、IC式になっていて、これを通すことで特定の扉が開いたり、出勤管理に使われている場合も少なくありません。

「名刺」とは?

「名刺」とは?

「名刺」は、勤務している社名やロゴマークと共に、会社の住所や電話番号、その人の名前、部署、役職などが記載されたカードです。

91ミリ×55ミリのサイズのものが一般的です(そのサイズが「名刺サイズ」と呼ばれています)。

ほとんどのものは紙製ですが、中にはアクリルやプラスチックなどの材質の場合もあり、デザインは会社によって様々です。

ビジネスで初めて会う相手とは、これを交換するのがマナーとなっています。

また、ビジネス以外で出すこともあります。

「社員証」と「名刺」の違い

「社員証」と「名刺」の違い

「社員証」「名刺」の違いを、分かりやすく解説します。

「社員証」は、原則的に1枚だけで、勤務中は常に携帯しておかないといけません。

「名刺」は、色々な人と交換したり、一方的に渡す場合も含め、多数用意しておくもので、50枚や100枚といった大きな単位で会社から支給されるものです。

写真証には顔写真が付いていることが多いですが、名刺にはそれがないこともあり、逆に、社員賞には会社の住所や電話番号まで記載があることは少なく、名刺にはそれがあります。

それを見て、渡した相手からその人に連絡がとれる為です。

まとめ

まとめ

「社員証」「名刺」は、このような違いになります。

「名刺」と違い、「社員証」は、無くしてしまうと面倒なことになってしまう場合が多いので、大切に持っておかないといけません。