「賛同」と「賛成」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「賛同」と「賛成」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「賛同」「賛成」の違いを分かりやすく説明していきます。

「賛同」とは?

「賛同」とは、その意見や提案に対し、その通りだと同意することです。

「賛同者が集まれば、この企画が通るかも知れない」のような使われ方になる言葉で、「賛同する」「賛同を集める」といった形でよく用いられます。

反対の場合には、「賛同しかねる」などと使われ、同意できないといった意味になると考えていいでしょう。

「賛成」とは?

「賛成」は、それいいと同意することになります。

「その意見には賛成だ」「賛成の人は挙手してください」といったように使われる言葉で、先に「賛同」と基本的な意味は一緒です。

こちらは、その「賛成の人」「賛成意見」「賛成できない」などという形で用いられ、意味としては「賛同」と変わりませんが、このように言葉としての使われ方が多少異なります。

「賛同」と「賛成」の違い

「賛同」「賛成」の違いを、分かりやすく解説します。

これらの言葉は、意味自体は変わるものではありませんが、前述のように、使われ方が異なる点と、「賛同」の方は、少し使える場面が限られます。

「賛成」は、「それには賛成だよ」「賛成するわ」のように気軽に使うことができますが、「賛同」は、「賛同だよ」「賛同するわ」のような使い方はしません。

「賛同が集まった」「賛同してくれる人が居ない」のような形になり、この「集まる」という使い方は、「賛同」ならではです。

まとめ

「賛同」「賛成」は、このような言葉です。

辞書などを見ると、どちらも別の表現としてもう片方が挙げられているように、意味は同じだと思って構いません。

ただし、「賛成の人」と表現する場合に、「賛同」なら「賛同者」となり、「賛成意見」は、「賛同の声」のような形になるといった使われ方の違いがあります。

そして、「賛同」の方が多少堅い表現だという点も覚えておいてください。