「魔術師」と「錬金術師」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「魔術師」と「錬金術師」の違いゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「魔術師」「錬金術師」の違いを分かりやすく説明していきます。

「魔術師」とは?

「魔術師」とは?

「魔術師」とは、「魔法使い」とも表現される、色々な魔法が使える人物のことです。

実際にそのような人が居るのかは不明ですが、ゲームのキャラクターのジョブとしては有名で、攻撃魔法から味方の援護になる魔法、更には回復魔法まで、様々なそれらで敵を直接攻撃したり、味方に貢献することができます。

ゲームによっては、攻撃魔法しか使えないという場合もあり、そのような設定の時には、味方の援護や回復の為の魔法は「賢者」「僧侶」といった別のジョブが担当しています。

「錬金術師」とは?

「錬金術師」とは?

「錬金術師」は、鉄や鉱石類から武器や防具、または他のアイテムを作り出せる人物に対して使われます。

こちらもゲームにおいて使われることが多い言葉で、ジョブとして存在している場合以外に、NPCでこのような人物が登場することも少なくありません。

そのような特殊能力から、何と何があればこれが作れるといったそのゲーム内の決まりによって、ゲームの進行が有利になったり、絶対に欠かせないような物まで作ることができます。

「魔術師」と「錬金術師」の違い

「魔術師」と「錬金術師」の違い

「魔術師」「錬金術師」の違いを、分かりやすく解説します。

「魔術師」は、魔法を使うことができますが、それはあくまで戦闘における攻撃や防御、回復といった内容になり、「錬金術師」のスキルは、物自体の変化に使われるという違いがあります。

また、比喩表現として、物の売買や交換などによるお金儲けがうまい人のことを、この「錬金術師」と呼ぶことがあります。

物をうまくお金に換えることができるという解釈から、そのような使い方もあると覚えておいてください。

まとめ

まとめ

「魔術師」「錬金術師」は、このような違いになります。

共にゲームにおいて使われる言葉で、ロールプレイングゲームでは「魔法使い」は、パーティーに欠かせないジョブの1つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物