「根気強い」と「粘り強い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「根気強い」と「粘り強い」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「根気強い」「粘り強い」の違いを分かりやすく説明していきます。

「根気強い」とは?

「根気強い」とは?

「根気強い」とは、「すぐに諦めずに頑張る様子、姿」の表現になります。

「彼は根気強く、最後まで調べてくれた」などと使われる言葉で、最後まで諦めずに調べてくれたと言っているのと同じです。

「根気」には、投げ出さずに続けられる気力という意味があり、それをもって、実際に行うことが「根気強い」という表現になると考えていいでしょう。

「根気がない」とすると、逆の意味になる「すぐに諦めてしまう」と表すことができます。

「粘り強い」とは?

「粘り強い」とは?

「粘り強い」は、諦めずに粘る様子の表現です。

先の「根気強い」の類語になり、「粘り強くやってくれた」のように使うと、諦めずにやってくれたと表現しています。

よって、どちらを使っても意味はほとんど同じです。

特に使い分けがある訳でもなく、置き換え表現になると考えて構いません。

「粘り」は、それだけで諦めない様子と使われる言葉で、「粘着力」という物理的な意味でも用いられます。

「根気強い」と「粘り強い」の違い

「根気強い」と「粘り強い」の違い

「根気強い」「粘り強い」の違いを、分かりやすく解説します。

「根気強い」「粘り強い」は、ほぼ一緒の意味になる為、これという違いはない言葉同士です。

これらと似た「忍耐強い」という表現がありますが、こちらは少し「根気強い」「粘り強い」とは異なる意味になります。

「忍耐」とは、耐え忍ぶことで、何があっても耐える様子が「忍耐強い」と表現されます。

「忍耐強く、最後まで頑張ってくれた」とすると、最後まで耐え抜いたと表現しており、諦めなかったといったニュアンスも含まれますが、そちらよりも耐えたという解釈に重点が置かれる言葉となっています。

まとめ

まとめ

このように、「根気強い」「粘り強い」は意味は一緒だと考えて構わず、共に諦めない様子、姿が表現できる言葉だと覚えておきましょう。