「購入」と「仕入」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「購入」と「仕入」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「購入」「仕入」の違いを分かりやすく説明していきます。

「購入」とは?

「購入」とは?

「購入(こうにゅう)」とは、「商品(物品)やサービスを買うこと・買い入れること」を意味している言葉です。

「購入」という言葉は、「お金を支払って商品・サービスを買うこと一般」を意味しているのです。

例えば、「一人暮らしを始めるに当たって、炊飯器や冷蔵庫などを購入しました」「共同購入のシステムを使えば割安で日用品を購入できます」などの例文で使用できます。

「仕入」とは?

「仕入」とは?

「仕入(しいれ)」という言葉は、「消費者・小売業者などに販売して利益を上げるために、生産者(メーカー)・卸売業者から商品を購入すること」を意味しています。

「仕入」というのは、「自分自身が使用するためではなく、販売目的(営利目的)で商品を買うこと」を意味している表現なのです。

例えば、「できるだけ安く仕入をすることができれば、ビジネスは成功しやすくなります」「仕入業務は仕事の中でも重要度が高いものです」といった文章で使われます。

「購入」と「仕入」の違い!

「購入」と「仕入」の違い!

「購入」「仕入」「商品を買い入れること」の意味は共通していますが、「商品を買う目的」が異なっています。

「購入」という言葉は「自分自身が使うために買うこと」も意味していますが、「仕入」には「自分が使うために買う」という意味合いはない違いがあります。

「仕入」というのは「消費者・小売業者への販売目的で、メーカーや卸売業者から商品を買い入れること」を意味していて、「購入」のように「自分のために使う目的で買う」という意味はないのです。

「購入」「仕入」も含めて「お金(代金)を支払って商品・サービスを買うこと全般」を意味していますが、「仕入」には「小売店から自分のために商品を買う」という意味はありません。

「仕入」はあくまで「販売(転売)して利益を得るための商品を、卸売業者・生産者から買い付けること」だけを意味しているのです。

まとめ

まとめ

「購入」「仕入」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「購入」という言葉は「お金を支払って物品(商品)を買うこと・買い入れること」を意味していますが、「仕入」という表現は「商品・材料を販売目的で、生産者(メーカー)や卸売業者から購入すること」を意味しているという違いがあります。

「購入」「仕入」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。