「挫折」と「後悔」と違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「挫折」と「後悔」と違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「挫折」「後悔」の違いを分かりやすく説明していきます。

「挫折」とは?

「挫折」とは、予定していない内容や行っていた仕事が途中で失敗してしまうことです。

「難関大学への合格を目指していたが、二浪しても合格できず、挫折した」のような使われ方になる言葉で、当初の目的となるものが達成できなかったという意味になります。

ですが、「一度は挫折したものの、最終的に達成できた」という場合もあるもので、その目標の達成が二度とできなくなった訳ではありません。

「後悔」とは?

「後悔」とは、事後になって自分の言動を悔やむことです。

既に終わったことに対し、もっとこうしておけばよかったなどと思ってしまうことで、「後悔がないように、全力で試合に臨んで欲しい」と言った時には、後からこうすればとよかった、などと思うことがないように、全ての力で戦うようにと表現しています。

使い方として、「後悔の連続だ」「後悔してもし切れない」のような使い方が多い言葉で、これのようなことはないに限りますが、(後からでしか分からない)結果的にそっちの方がよかったといったこともある為、これを全く作らないというもの難しいものです。

「挫折」と「後悔」の違い

「挫折」「後悔」の違いを、分かりやすく解説します。

「挫折」は、何かの途中で諦めてしまうことです。

主に、どうしても無理だと思い、仕方なく諦める(しかない)ような場合に使われる言葉ですが、「どうも、あいつは簡単に挫折する」のように、まだ達成の望みがあるのにも関わらず、諦めが早いといった使い方もできる言葉です。

「後悔」は、後から思い直してみると、あそこはもっとこうすればよかった、といった点が浮かぶことで、何事にも、これがほとんどないような決断ができるのが理想となりますが、その時点では何がベストだったのかが分からないこともあるので、人生には少なからずこれがつきものだと言っていいかも知れません。

まとめ

「挫折」「後悔」は、このように違います。

一度「挫折」したことでも、再チャレンジによって達成できる場合も少なくありません。