「一般化」と「普遍化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一般化」と「普遍化」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一般化」「普遍化」の違いを分かりやすく説明していきます。

「一般化」とは?

「一般化」とは?

「一般化」とは、ある物事が、ある人たちの中だけで起こっていたのに、そうではなくなり、それ以外の人たちにも広く認められて成り立つことを言います。

「昔は各家庭で作るものだった、でも今はお店で買うことの方が一般化している」「今はこの方法が一般化しているが、昔は知らない人も多かった」などと使います。

「普遍化」とは?

「普遍化」とは?

「普遍化」とは、個別的、特殊なものを取り除き、共通なものをとりだすことによって、概念や法則を引き出すことを言います。

簡単に言えば、個別的ではない、特殊ではない、誰にでも同じとされることを広く行き渡らせることとなります。

意味としては「一般化」と同じであると言えるでしょう。

「一般化」と「普遍化」の違い!

「一般化」と「普遍化」の違い!

「一般化」「普遍化」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉の意味は実は同じです。

どちらも使っても同じ意味合いとなりますので、それほど使い分けにこだわる必要はないでしょう。

ただ言葉の意味は微妙に違う部分もありますので、それを見ていきましょう。

まず「一般化」「一般」ですが、これは色々な物事、場合に広く認められて成り立つこと、特別ではない、普通である、そのような意味を持っています。

「一般」の反対語は「特殊」であるということも併せて覚えておくとわかりやすいでしょう。

そして「普遍化」という言葉の「普遍」とはすべてのものに当てはまる、すべてのものに共通しているという意味があります。

まとめますと「一般化は、広く認められている、特別ではなくこれが普通」「普遍化はすべてに共通している」となります。

結局のところ「一般」「普遍」は同義語ですので、意味合いは同じです。

使い分けなくても伝わる意味としては同じですが微妙な違いは覚えてください。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「一般化」「普遍化」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも同じ意味合いとなりますが、言葉の意味を正しく理解して覚えておきましょう。