「ゼロベース思考」と「仮説思考」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゼロベース思考」と「仮説思考」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゼロベース思考」「仮説思考」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ゼロベース思考」とは?

「ゼロベース思考」とは?

「ゼロベース思考」とは、「偏見・先入観・前例を捨てて自由な立場(意識)で、ゼロから物事を考える思考方法」を意味しています。

「ゼロベース思考」というのは「思考の出発点が特定の前提に縛られておらずゼロであること」を意味していて、「今までにない新たな発想・アイデア・企画を考える場合」に非常に有効な思考方法です。

「ゼロベース思考」によって「既存市場に対するイノベーション」を起こしやすくなり、「今まで無かった画期的な商品・サービスの開発」につながります。

「仮説思考」とは?

「仮説思考」とは?

「仮説思考(かせつしこう)」とは、「目的を達成するためにはどうすれば良いのかという仮説を立ててから思考する方法」を意味しています。

「仮説」という言葉は、「ある現象・法則を論理整合的に説明するために立てた仮定で検証することができるもの」を意味しています。

「仮説思考」とは「今まで良い結果を出してきた既存の考え方・過去の方法も含めた仮説」を前提にして、「現在の問題状況を解決するためのやり方」を考えていくことなのです。

「ゼロベース思考」と「仮説思考」の違い!

「ゼロベース思考」と「仮説思考」の違い!

「ゼロベース思考」「仮説思考」もどちらも「問題解決のための思考の形式・方法」という意味では共通していますが、「ゼロベース思考」とは「思い込み・偏見を捨てて特定の前提を立てずに、問題状況(物事)をゼロから考える思考方法」を意味しています。

それに対して、「仮説思考」というのは「問題状況を解決するための仮説(前提)を立ててから考えていく思考方法」を意味しているという違いがあります。

さらに「ゼロベース思考」「イノベーション(技術革新)・新規製品のアイデア・既存のやり方が通用しない問題」に対して有効ですが、「仮説思考」「過去の成功事例が通用する問題・統計的(数量的)な検証がしやすい課題(物事)」に対して有効という違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「ゼロベース思考」「仮説思考」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ゼロベース思考」とは「特定の偏見や前提にとらわれず、物事をゼロから考えて新たな価値を生み出す思考方法」を意味していて、「仮説思考」「既存のやり方も含め、ある問題状況を解決する仮説を立て、その仮説を検証しながらより良い方法を考えていく思考方法」を意味している違いがあります。

「ゼロベース思考」「仮説思考」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。