スポンサーリンク

「ブライダルコーディネーター」と「ウェディングプランナー」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブライダルコーディネーター」と「ウェディングプランナー」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブライダルコーディネーター」「ウェディングプランナー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブライダルコーディネーター」とは?

「ブライダルコーディネーター」とは、「新郎新婦から希望・不安・予算などのヒアリングを行いながら、結婚式をトータルで調整・実現していく仕事・職業」を意味しています。

「ブライダルコーディネーター」の職場は、「結婚式場・ホテル・挙式プロデュース企業」などが多くなります。

「ブライダルコーディネーター」は、「新郎新婦の新規営業・ヒアリング(希望聴取)・予算調整・結婚式プランの契約」までを中心にして担当することが多い職業・役割やそれを請け負う人を意味しているのです。

「ウェディングプランナー」とは?

「ウェディングプランナー」とは、「予算・内容・演出などの相談に乗りながら、結婚式のプランニングをトータルでサポートしていく仕事・職業」を意味しています。

「ブライダルコーディネーター」の職場は、「実際に結婚式(披露宴)が執り行われる会場を持つ結婚式場・ホテル」が多くなります。

「ウェディングプランナー」は、「成約後の結婚式そのもののプランニングや予算調整・結婚式当日の指揮や調整」を中心にして担当することが多い職業・役割やそれを請け負う人のことを示しています。

「ブライダルコーディネーター」と「ウェディングプランナー」の違い!

「ブライダルコーディネーター」「ウェディングプランナー」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブライダルコーディネーター」「ウェディングプランナー」は、基本的に「新郎新婦の相談に乗りながら、結婚式をトータルで調整・実現する同じ仕事」を意味しています。

ただし「ブライダルコーディネーター」「結婚式にまつわるヒアリング・予算調整・営業・成約までの段階を引き受ける役割の仕事」を意味していることが多く、「ウェディングプランナー」「結婚式そのものの企画・調整・演出や当日の指揮進行の段階を引き受ける役割の仕事」を意味することが多い違いを指摘できます。

まとめ

「ブライダルコーディネーター」「ウェディングプランナー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ブライダルコーディネーター」とは「結婚式をトータルで調整・計画して新郎新婦をサポートする職業」を意味していて、「ウェディングプランナー」「結婚式そのものの企画・計画・指揮に重点を置いて新郎新婦をサポートする職業」を意味している違いがあります。

基本的に同じ職業・役割を意味しますが、「ウェディングプランナー」のほうが「結婚式自体のトータルなプランニングの相談・助言・指揮を行う仕事」のニュアンスがあります。

「ブライダルコーディネーター」「ウェディングプランナー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。