「NPO法人」と「株式会社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「NPO法人」と「株式会社」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「NPO法人」「株式会社」の違いを分かりやすく説明していきます。

「NPO法人」とは?

「NPO法人」とは?

「NPO法人」「NPO」とは、“Not for Profit Organization”を略したもので、営利目的で結成された訳ではない法人団体のことです。

特定非営利活動促進法によるきちんとした規定があり、それによって「特定非営利活動法人」という法人格を得た団体がこのように呼ばれ、「NPO法人」は、その一般的な名称だと考えていいでしょう。

活動内容は様々ですが、営利目的ではない点から、利益を追求する為の団体と比較して、税制上の優遇措置が受けられるのが特徴となっており、結成した理由となっている特定の目的のみの為に存在していると考えてください。

「株式会社」とは?

「株式会社」とは?

「株式会社」とは、私的に営利目的で結成された団体のことです。

株式の発行によって集めた資本金によって運営されており、最低限、代表者と経理責任者、監査役という3つの取締役のポストが必要になります。

代表者と経理責任者は兼ねることができるので、最低2人から結成できると解釈していいでしょう。

規模はそれこそ様々で、数人だけの場合もあれば、何万人規模になる大会社も存在します。

「NPO法人」と「株式会社」の違い

「NPO法人」と「株式会社」の違い

「NPO法人」「株式会社」の違いを、分かりやすく解説します。

「NPO法人」は、利益は追求せず、特定の目的の為に結成された団体です。

「株式会社」の方は、ビジネスとして利益の追求の為に結成されたという点が一番の違いになり、いわゆる「第二セクター」(民間企業)のことになりますが、中には公民の合資による「第三セクター」と呼ばれるものも存在しています。

まとめ

まとめ

「NPO法人」「株式会社」には、このような違いがあります。

法人格をとらずに「NPO団体」と名乗って活動している組織も存在していますが、「NPO法人」とは別物になります。