「house」と「home」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「house」と「home」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「house」「home」の違いを分かりやすく説明していきます。

「house」とは?

「house」とは?

「house」とは、英語で「家」を指す言葉です。

誰の家ということもなく、単に「家」という意味になる言葉なので、“Can I go to your house later?”とすると、「後でそちらの家に行ってもいい?」となり、“Come to my house later.”では、「後で私の家に来てよ」という意味になります。

このように日本語の「家」そのものの表現になる為、マンションの一室がそれだという場合にも使うことができますが、そのような場合は“room”(部屋)という表現の方が向いています。

「home」とは?

「home」とは?

「home」は、「自分の家」という意味になります。

日本語では「自宅」が一番近い言葉で、一軒家の場合は“my house”、マンションなどの共同住宅であれば“my room”とするのと同じ意味だと考えていいでしょう。

また、自分のテリトリー(領域)といった解釈も可能で、“home town”と使うと、「地元(の街)」という意味になります。

カタカナ語の「ホーム」も同様の意味で使われることがあり、スポーツで用いられている「ホーム」「アウェイ」(または、「ビジター」)がそのいい例です。

「ホーム」と表現されるのは本拠地で、「アウェイ」の方は、敵地といった解釈になります。

「house」と「home」の違い

「house」と「home」の違い

「house」「home」の違いを、分かりやすく解説します。

「house」は、日本語で「家」となる言葉で、誰のそれかということは、自分の家であれば“my house”のように、別に表現する必要があります。

「home」は、それだけで「自分の家」となる言葉です。

もしくは、勝手知ったる場所、自分の領域という解釈ができ、「ホーム」とカタカナ語で使った時には、多くの場合でこの解釈だと考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「house」「home」は、このように違います。

自分の家と表現するなら、「home」を使う方が簡単です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物