スポンサーリンク

「bother」と「trouble」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「bother」と「trouble」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「bother」「trouble」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「bother」とは?

「bother」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人を邪魔する」という意味で、人のすることを妨げることです。

2つ目は「人を悩ませる」という意味で、人に迷惑をかけて困らせることです。

3つ目は「~を気にする」という意味で、気をもんだり心配することです。

4つ目は「~をねだって困らせる」という意味で、~してくれとねだって困らせることです。

5つ目は「身体の不調が人を悩ませる」という意味で、身体の一部が不調で人を苦しめることです。

上記に共通するのは「人を悩ませる」という意味です。

「bother」の使い方

「bother」「人を邪魔する」「人を悩ませる」「~を気にする」「~をねだって困らせる」「身体の不調が人を悩ませる」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞として「面倒なものごと」「迷惑なものごと」「厄介な人」という意味で使われます。

基本的に、人を悩ませたり困らせることに使われる言葉です。

「trouble」とは?

「trouble」の意味は以下の通りです。

1つ目は「苦労」「困難」という意味で、災難や大変なことに遭遇して辛い思いをすることです。

2つ目は「もめごと」「騒ぎ」という意味で、人が争ったり、人間関係がもつれることです。

3つ目は「悩みの種」という意味で、中々解決しない心配なことです。

4つ目は「手間」「骨折り」という意味で、時間や手間がかかって大変なことです。

5つ目は「身体や機械などの不調」という意味で、自動車のエンジンや体調に異常があることです。

上記に共通するのは「困難で苦労する」という意味です。

「trouble」の使い方

「trouble」「苦労」「困難」「もめごと」「騒ぎ」「悩みの種」「手間」「骨折り」「身体や機械などの不調」という意味で使われます。

名詞として使われたり、動詞として「~を困らす」「迷惑をかける」「騒がせる」「苦しめる」という意味で使われます。

基本的に、騒ぎを起こして迷惑をかけることや、身体や機械などの不調で困ることに使われる言葉です。

「bother」と「trouble」の違い

「bother」「人を悩ませたり困らせること」という意味です。

「trouble」「騒ぎを起こして迷惑をかけること」「身体や機械などの不調で困ること」という意味です。

「bother」の例文

・『I’m sorry to bother you. 』
(ご迷惑おかけしてすみません)
・『It doesn’t bother me at all. 』
(全然苦になりません)

「trouble」の例文

・『I’m having a lot of trouble. 』
(私は非常に困っている)
・『This car has engine trouble. 』
(この車はエンジンに不調がある)

まとめ

今回は「bother」「trouble」について紹介しました。

「bother」「精神的に悩む」「trouble」「騒ぎや不調で困る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物