「must」と「have to」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「must」と「have to」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「must」「have to」「~しなければならない」の意味を連想させる二つの英語の定型句ですが、「must」「have to」のニュアンスの違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「must」「have to」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「must」とは?

「must」とは?

“must”という英語の表現は、「私は~しなければならない(自分の意思からの義務)」「~すべきである(強い推奨)」「~に違いない(強い確信)」を意味しています。

例えば、“She must go home. (彼女は家に帰らなければならない)”“You must have made a mistake. (あなたはミスをしたに違いない)”などの英文で使用することができます。

「have to」とは?

「have to」とは?

“have to”という英語の表現は、「~しなければならない(要求・状況に基づく義務)」「これから~すべきである(予定・推奨)」の意味を持っています。

例えば、“I have to buy a bag. (カバンを買わなければならない)”“You have to work from tomorrow. (明日から働くべきです)”といった英文で使うことができます。

「must」と「have to」の違い!

「must」と「have to」の違い!

“must”“have to”の違いを、分かりやすく解説します。

“must”“have to”「~しなければならない」を意味していますが、“must”「自分の気持ち・意思(内的要因の義務)」のニュアンスが強く、“have to”「客観的・状況的な必要性(外的要因の義務)」のニュアンスが強い違いがあります。

例えば、“I must finish my task.”の英文は「私は(自分の意思として)自分の作業を終わらせなければならない」のニュアンスになりますが、“I have to finish my task.”になると「私は(周囲の要求・状況によって)自分の作業を終わらせなければならない」のニュアンスになる違いを指摘できます。

“must”“have to”と比べると、「自分の気持ちとしてしなければならない(義務)」「~に違いない(強い確信)・~すべきである(強いおすすめ)」の意味合いが強くなっている違いもあります。

まとめ

まとめ

「must」「have to」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「must」という英語の表現は、「私は~しなければならない(義務)・~すべきである(強い推奨)・~に違いない(強い確信)」を意味しています。

「have to」という英語の言い回しは、「状況的に~しなければならない(義務)・これから~すべきである(予定)」の意味を持っています。

「must」「have to」のニュアンスの違いを知りたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物