「journal」と「diary」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「journal」と「diary」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「journal」「diary」の違いを分かりやすく説明していきます。

「journal」とは?

「journal」とは?

「journal」とは、専門誌、定期刊行物、会報、新聞という意味と、日記という意味があります。

日記の場合は、詳しい記録といった意味合いが強く、主に仕事関係の記録で使います。

また有名人の日記などを「〇〇ジャーナル」などと言うこともあります。

「diary」とは?

「diary」とは?

「diary」とは、日記帳、日誌、予定表、スケジュール帳といった意味になります。

どちらかと言えば、個人的につけている日誌という意味合いが強くなります。

仕事の予定を書いてあるスケジュール帳の場合、個人的な持ち物であれば「diary」と言い表す方が適当でしょう。

「journal」と「diary」の違い!

「journal」と「diary」の違い!

「journal」「diary」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも日記、日誌という意味があることは共通しています。

しかし違いと言えば、「journal」は、専門誌といった意味もありますように、「diary」に比べて、詳しい記録のことを言います。

例えば、航海日誌、仕訳帳、議事録といった場合は「journal」を使います。

一方、「diary」は、個人的な日記、予定表、スケジュール帳といったことに使います。

簡単に覚える方法としては「journal」は公的な記録、仕事、詳しい記録に使い、「diary」は私的、プライベートなことに使う、となります。

ただ例外があります。

著名人などの書いたものは「diary」的内容であったとしても「journal」と言う場合があります。

また仕事用のスケジュール帳、予定表といったものは、複数の人で共有する場合があります。

職場の連絡帳といったものですが、その場合も「journal」でいいでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「journal」「diary」という二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも「日記」「日誌」という意味があります。

どちらを使えばいいのか迷いやすいですがこの記事を読んで、正しく使い分けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物