スポンサーリンク

韓国語「オモニ」と「オンマ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語「オモニ」と「オンマ」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オモニ」「オンマ」の意味や使い方、違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オモニ」とは?

「オモニ」とは?

韓国ドラマでよく耳にする「オモニ」は母という意味があり、自分を産んでくれた愛する母親を「オモニー」と少し語尾を伸ばすように呼んで用事を伝えたり、振り返ってもらうときに使うわけです。

韓国では「お母さん」と親しみを込めて子供が呼ぶときに使うのが一般的ですが、そんな母親の味を再現したような思い出の料理に対して「オモニの味」と表し、販売する惣菜店が存在しています。

「オモニの愛情たっぷりキムチ」「オモニのサムゲタン」と使い、日本に住みながら本場の味を提供するわけです。

「オンマ」とは?

「オンマ」とは?

「ママ」と少し砕けた感じで母親を呼ぶときに使うのが「オンマ」であり、子供が愛情込めて声をかけるときに使います。

なかなか振り向いてくれない母親に対して「オンマ」と少し力を込めて呼んだり、お願い事をなかなか聞いてくれないとき「お願い、お母さん」と気持ちを込めて話しかけるときにも使われています。

だだをこねるときやかまってほしいと強く感じる子供は「オモニ」よりも「オンマ」と言ってお願い事を聞いてくれるように呼ぶわけです。

子供だけではなく、大人になっても大好きな母をあえて子供のように呼ぶことで愛情を表し、親子関係を深めることもあります。

「オモニ」と「オンマ」の違い

「オモニ」と「オンマ」の違い

「オモニ」「オンマ」の違いを、分かりやすく解説します。

人前で呼ぶときは「オモニ」と言って母親に声をかけますが、家の中では「オンマ」と子供のように甘えて呼びかけるときに使うという違いがあります。

親も交えての三社面談や役所で役人に話するときは丁寧語の「オンマ」を使って話し、さらに尊称の意味を込めて表すときは「オモニム」と言います。

一方の「オンマ」には「ママ」という意味があり、幼い子供のように愛情込めて母のことを親しい人に話すときや、子供のように甘えたいと思う人がだだをこねるときに母親を呼ぶときに使うという違いがあります。

「オモニ」の例文

「オモニ」の例文

・『내 오모니는 간호사』
nae omonineun ganhosa
「私の母親は看護婦です」という意味になり、親がどのような職業に就いているか説明したいときに使われています。

・『오모니가 나를 위해 일찍 일어나 매일 아침 차로 보내준다. 』
omoniga naleul wihae iljjig il-eona maeil achim chalo bonaejunda.
「母が僕のために早起きして毎朝車で送ってくれる」という意味になり、いかに子供のことを考えて行動する素敵な親かを表せます。

「オンマ」の例文

「オンマ」の例文

・『온마의 생일은 내일』
onmaui saeng-il-eun naeil
「ママの誕生日は明日です」という意味になり、人に誕生日がいつかを伝えられる言葉になります。

・『사랑하는 온마에게 안아』
salanghaneun onma-ege an-a
「大好きなママに抱きつく」と訳し、子供が愛情表現するときに使う言葉で、いかに素敵な関係かを表せる言葉です。

まとめ

まとめ

どちらも愛する母親を振り向かせたり、話しかけるとき子供が親しみを込めて使う呼び方ですが、「オモニ」は中学生以上の子供が人前で使いますが、「オンマ」は幼児や小学生が大好きな母親に甘えるように呼ぶとき使うと覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物