「farewell」と「goodbye」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「farewell」と「goodbye」の違いとは?分かりやすく解釈 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「farewell」「goodbye」の違いを分かりやすく説明していきます。

「farewell」とは?

「farewell」とは、「さようなら・ご機嫌よう・さらば」などの別れのあいさつを意味する英語です。

「farewell」というのは昔風の響きがあり、やや古臭さや堅苦しさを感じさせるお別れのあいさつを意味している英語です。

現代では「farewell」が使用されるケースは減っており、メール・手紙などの書き言葉で使われるくらいになっています。

「farewell」「fare(暮らす)+well(上手に)」の語源から、「しっかりやっていきなさい」といった鼓舞して見送るニュアンスもあります。

「goodbye」とは?

「goodbye」とは、「さようなら・じゃあ、またね」などの別れのあいさつを意味する英語です。

「goodbye」というのは、現代でも若者世代においても使われている「一般的なお別れのあいさつ」の言葉なのです。

「goodbye」という合成英語の起源は、“God be with you.”(神様があなたと共にあられますように)の短縮形にあります。

「farewell」と「goodbye」の違い!

「farewell」「goodbye」の違いを、分かりやすく解説します。

「farewell」「goodbye」もどちらも「さようなら・さらばのお別れのあいさつ」を意味している点では共通していますが、「farewell」には時代がかった古臭い形式的な響きがあり、現代ではあまり使われていない違いがあります。

「farewell」“old-fashioned(昔風)”の響きがある「ご機嫌よう・さらばに近いさようならのあいさつ」であり、「goodbye」「現在でも使われている一般的なさようなら・またねのあいさつ」であるという違いを指摘できるのです。

まとめ

「farewell」「goodbye」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「farewell」というのは、「堅苦しさや古臭さを感じさせるさようなら・ご機嫌ようのあいさつ」を意味している英語です。

「goodbye」という英語は、「さようならというお別れのあいさつ・現代でも一般的に使われるさようならのあいさつ」のことを意味しています。

「farewell」「goodbye」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物