スポンサーリンク

「benefit」と「profit」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「benefit」と「profit」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「benefit」「profit」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「benefit」とは?

「benefit」とは?

「benefit」の意味は以下の通りです。

1つ目は「経済的利益」という意味で、ビジネスで利益だけではなく得になることです。

2つ目は「恩恵」という意味で、行動により特典を受けることです。

3つ目は「慈善興業」という意味で、特定の個人や団体の為に開かれるイベンとのことです。

4つ目は「給付金」「手当」という意味で、国や保険会社の社会保障制度により貰えるお金のことです。

上記に共通するのは「ためになること」という意味です。

「benefit」の使い方

「benefit」「経済的利益」「恩恵」「慈善興業」「給付金」「手当」という意味で使われます。

名詞として使われたり、動詞として「~に利益を与える」「~のためになる」「得をする」という意味で使われます。

基本に、ビジネスで経済的に有利になることや、恩恵を受けることに使われる言葉です。

「profit」とは?

「profit」とは?

「profit」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ビジネスで金銭的な利益」という意味で、帳簿上の収益のことです。

因みに「損益計算書」「profit & loss statement」になります。

2つ目は「一般的な利益」という意味で、何らかの得になることです。

3つ目は「利子」「利息」という意味で、元金に対して付く金銭のことです。

上記に共通するのは「実質的に得する」という意味です。

「profit」の使い方

「profit」「ビジネスで金銭的な利益」「一般的な利益」「利子」「利息」という意味で使われます。

名詞として使われたり、動詞として「~の利益になる」「ためになる」「得する」「役に立つ」などの意味で使われます。

基本的に、金銭的に利益が出ることや、日常的に得すること全般に使われる言葉です。

「benefit」と「profit」の違い

「benefit」と「profit」の違い

「benefit」「ビジネスで経済的に有利になること」「恩恵を受けること」という意味です。

「profit」「金銭的に利益が出ること」「日常的に得すること全般」という意味です。

「benefit」の例文

「benefit」の例文

・『It was of great benefit to me. 』
(私にはとても有益だった)
・『Reading is of great benefit. 』
(読書はとてもためになる)

「profit」の例文

「profit」の例文

・『It made a profit of one hundred dollars. 』
(100ドルの利益が出た)
・『The profit is greater than I expected. 』
(思いがけず得をする)

まとめ

まとめ

今回は「benefit」「profit」について紹介しました。

「benefit」「利益が出て有利になる」「恩恵を受ける」「profit」「収益が出る」「得すること全般」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物