スポンサーリンク

「ジュテーム(Je t’aime)」と「モナムール」との違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジュテーム(Je t'aime)」と「モナムール」との違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジュテーム(Je t’aime)」「モナムール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ジュテーム(Je t’aime)」とは?

「ジュテーム(Je t'aime)」とは?

「ジュテーム(Je t’aime)」の意味と使い方について紹介します。

意味

「ジュテーム(Je t’aime)」は、フランス語で「私はあなたを愛しています」という意味です。

使い方

「ジュテーム(Je t’aime)」は、フランス語で相手への愛情を表現する時の言葉です。

「ジュ(Je)」「私は」「テーム(t’aime)」「te(トゥ)+aime(エメ)」の省略形で、「あなたを+愛している」になります。

「ジュテーム」は、英語では“I love you.”になり、「主語+述語+目的語」の文型です。

発音はほぼカタカナの「ジュテーム」にちかくなりますが、少し鼻に抜ける様に発音するとフランス語の雰囲気が出ます。

「モナムール」とは?

「モナムール」とは?

「モナムール」の意味と使い方について紹介します。

意味

「モナムール(mon amour)」は、フランス語で「私の愛しい人」という意味です。

使い方

「モナムール」は、フランス語で自分の恋人に呼びかける時の表現です。

「モン(mon)」「私の」「アムール(amour)」「愛しい人」「恋人」という意味です。

英語では“my love”になり、自分の恋人や、大切な人に対して使う愛称なのです。

「ジュテーム」「私はあなたを愛しています」という一つの文章ですが、「モナムール」は、「私の愛しい人」という単語になります。

恋人に呼びかける時には「モナムール」、愛を伝える時には「ジュテーム」を使います。

「ジュテーム(Je t’aime)」と「モナムール」の違い!

「ジュテーム(Je t'aime)」と「モナムール」の違い!

「ジュテーム(Je t’aime)」は、フランス語で「私はあなたを愛しています」という文章です。

「モナムール」は、「私の愛しい人」という単語です。

まとめ

まとめ

「ジュテーム(Je t’aime)」「モナムール」は、文章か単語かという違いがあります。

フランス語の恋愛映画を観た時に聴き比べてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物