スポンサーリンク

「stomach」と「belly」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「stomach」と「belly」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「stomach」「belly」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「stomach」とは?

「stomach」とは?

「stomach」とは、日本語で表現すると「胃」になります。

“heavy stomach because too eating”と使うと、「食べ過ぎが原因で胃が重い」となり、「ストレスが原因で胃が痛い」と表現するなら、“stomach hurts with stress”のように使ってください。

「お腹」と訳すこともでき、“stomach hurts because too eating”は、直訳では「食べ過ぎが原因で胃が痛い」となりますが、「お腹が痛い」とした方が適当な場合は、そちらにしても構いません。

「belly」とは?

「belly」とは?

「belly」は、「お腹」と訳せる単語です。

正確には「腹部」となり、人間のそれだけでなく、動物や昆虫などのその部分に対して使うこともできます。

先の“stomach hurts”は、直訳では「胃が痛い」、意訳として「お腹が痛い」とも訳せますが、正確に「お腹が痛い」と表現するなら、こちらを使って“belly hurts”としてください。

「stomach」と「belly」の違い

「stomach」と「belly」の違い

「stomach」「belly」の違いを、分かりやすく解説します。

「stomach」は、「胃」のこととなり、「お腹」と使えなくもありませんが、そちらには「belly」とした方が正確な表現になります。

ただし、食べ過ぎや食当たりなどが原因の腹痛といった場合には、そのような事情も考慮して、「stomach」とした方が適切なニュアンスになります。

まとめ

まとめ

「stomach」「belly」は、このように違います。

「胃」が原因だと思われる「お腹」には、上のように「stomach」が自然な言葉です。

「belly」は、「胴体」という意味にもなる為、その表現にもよく使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物