「purchase」と「buy」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「purchase」と「buy」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「purchase」「buy」の違いを分かりやすく説明していきます。

「purchase」とは?

「purchase」とは?

「purchase」は、日本語では「購入」となる言葉です。

少し畏まった表現になり、“I will purchase it it.”のように使うと、「それを購入しようと思っている」という解釈になります。

カジュアルな使い方をする言葉ではないので、日本語ではこの「購入」「購買」と訳すのが一般的です。

日常会話ではあまり使われない表現で、ビジネスにて、取引先から何かを購入する、そのように考えているといったような場合に用いられることが多いです。

「buy」とは?

「buy」とは?

「buy」という単語は、「買う」を意味して使われます。

“I decided to buy it.”とすれば、「それを買うことにした」という意味になり、先の「purchase」と比べて軽く使うことができる為、日常での「買う」という行為には、ほとんどの場合でこちらが使われます。

“not buy”とすれば、「買わない」と表現することができます。

また、特殊な使い方として、“buy-in”という形にすると、「買う」という行為ではなく、賛同を得るといった意味になります。

“I have to get buy-in from everyone.”は、「皆から賛同を得ないといけない」という解釈になり、このような使い方も覚えておくといいでしょう。

「purchase」と「buy」の違い

「purchase」と「buy」の違い

「purchase」「buy」の違いを、分かりやすく解説します。

「purchase」は、「購入」「購買」となる単語で、あまり日常で使うような言葉ではなく、どちらかと言えばビジネス向きの表現になります。

「buy」は、「買う」こと全般に使える言葉です。

軽いニュアンスになりますが、日本語で「買う」と表現できる時にはこちらを使ってください。

無理に「purchase」とすると、文章自体が堅くなってしまうきらいがあるので注意してください。

まとめ

まとめ

「purchase」「buy」は、このような違いになります。

「purchase」は、堅く「買う」と表現する為の言葉だと覚えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物