スポンサーリンク

「woman」と「women」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「woman」と「women」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「woman」「women」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「woman」とは?

「woman」とは?

「woman」は(成人した)女性や婦人と言う意味です。

また、成人していない少女は「girl」になります。

女性や婦人を表す言葉としては、他にも「 lady」「 female」があります。

日本語読みでは「ウーマン」と発音しますが、これは「woman」の正しい発音ではないため、英語圏のネイティブスピーカーには通じません。

どちらかというと「ウォメン」に近いようですが、これも本来の発音とは異なっています。

カタカナで英単語の発音を表すのは難しいと思った方が良さそうですし、最初から正しい発音で覚えるようにしていきたいものです。

ちなみに(成人した)男性を表す言葉は「man」です。

「women」とは?

「women」とは?

「women」とは、「woman」の複数形で、(成人した)女性たち、婦人たちを表します。

女性たちや婦人たちは、他にも「 ladies」「females」と言う言葉があります。

発音をカタカナで表すと、「ウィメン」に近いかもしれません。

英語を母国語として使用している国は数多くあり、それぞれの地域で発音が異なります。

また、(成人した)男性の複数形は「men」です。

「woman」と「women」の違い

「woman」と「women」の違い

「woman」「women」の違いを、分かりやすく解説します。

「woman」とは、(成人した)女性や婦人のことを指します。

一方、「women」「woman」の複数形で、(成人した)女性たち、婦人たちのことを言います。

どちらも女性や婦人を意味する単語ですが、単数形と複数形の違いがあります。

まとめ

まとめ

「woman」「women」は職業を表す場合にも使われています。

「a women driver (women drivers):女性運転手」「a women doctor (women doctors):女医」「a woman student (women students):女子学生」などです。

一方、「 female」は生物としての性別の意味があります。

なので、人間以外の動物にも使われています。

「woman」は個人や特定の女性を表す場合に用いられています。

「woman」「女」と言う意味もあるので、呼びかける時は「 lady」を使うようにしましょう。

「ladies and gentlemen」は聞いた事がある人も多いかもしれません。

ですが、今では性別による差別を無くす動きが広がっており、女性、男性と言うような言葉は使わなくなってきているようです。

日本でも「看護婦」ではなく、「看護師」になり、「保母」から「保育士」になるなど、性別で区別した職業の言い方が無くなってきています。

今後はさらに世界的にジェンダー平等の社会になっていくでしょうし、それに伴って、性別を伴った言葉は使われなくなっていくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物