スポンサーリンク

「I know」と「I see」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「I know」と「I see」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「I know」「I see」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「I know」とは?

「I know」とは?

「I know」とは、「分かりました・知っています」を意味している英語表現です。

「I know」という英語は、「すでにその人が持っている情報+すでにその人が知っている事柄」について言われて、改めて「知っています・分かっています」と応える場合に使われる言い回しなのです。

「I know」は、「その人にとって既知の情報・話題であるが、相手から聞かされて改めて分かりましたと答えるようなケース」において使用することのできる英語になります。

「I see」とは?

「I see」とは?

「I see」とは、「今、分かりました・今、了解(理解)しました」を意味している英語の言い回しです。

「I see」というのは、「その話を聞くまで知らなかった事柄」に対して「分かりました・理解しました」と伝える場合に使われる英語の表現です。

「I see」には、「相手の話を聞かされて即座に理解した」というニュアンスがあります。

また「I see」「話を聞いてすぐに意味(相手が伝えたいこと)が分かった」の意味合いで、「なるほど(なるほど、分かりました)」と翻訳されることも多くなっています。

「I know」と「I see」の違い

「I know」と「I see」の違い

「I know」「I see」の違いを、分かりやすく解説します。

「I know」「I see」はどちらも「分かりました」の意味を持つ英語の言い回しです。

しかし、「I know」「現時点でもう知っている事柄・情報について、分かりましたという状況」で使われる言い方になります。

「すでに分かっている事柄について分かりました(分かっています)と答えるようなやり取り」で、「I know」を使うことができます。

それに対して、「I see」「相手の話を聞くまで知らなかった情報について分かりました(なるほど、そうなんですね)と答えるようなやり取り」で使われるという違いを挙げることができます。

「I see」には、「相手の話を聞いてから短時間で(即座に)理解する」というニュアンスがあるのです。

「I know」の例文

「I know」の例文

A:“Don’t forget your gym clothes, when you go to school today.”
B:“I know.”
A:「今日学校に行く時は、体操服を忘れないようにしてください」
B:「分かっています(そのことは知っていますのニュアンス)」

「I see」の例文

「I see」の例文

A:“You should eat more protein, if you want to train your muscles and lose weight.”
B:“I see.”
A:「筋肉をつけて体重を落としたいのであれば、もっとタンパク質を摂るべきです」
B:「なるほど、分かりました」

まとめ

まとめ

この記事では、「I know」「I see」の違いについて説明しましたがいかがでしたか?「I know」は、「すでに知っている内容について分かっているという場合に使われる英語表現」になります。

「I see」は、「それを聞いた瞬間に分かった(なるほどと了解した)という場合に使われる英語表現」であるという違いがあります。

「I know」「I see」の違いを詳しく知りたい場合は、この記事の内容を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物