「serpent」と「snake」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「serpent」と「snake」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「serpent」「snake」の違いを分かりやすく説明していきます。

「serpent」とは?

「serpent」とは?

“serpent”とは、「相対的に大型の蛇・大きな毒蛇」を意味する英語です。

また“serpent”は実在する蛇だけではなく、「水神・蛇神・ドラゴン(龍)」といった宗教的・幻想的な神(霊獣・動物)とも関係がある言葉になっています。

“serpent”(サーペント)は西洋では悪魔の異称でもあり、「サタン・ウロボロス・ヨルムンガルド」などの幻想的な悪魔・魔物を示唆しています。

東洋でも、「サーペント」「龍・蛇神・水神」と関わりが深い言葉になっています。

「snake」とは?

「snake」とは?

“snake”とは、「細長い形をした一般的な蛇・へび」のことを意味する英語です。

“snake”が意味する「蛇・へび」とは、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目に分類される卵生動物・変温動物である爬虫類の総称です。

“snake”は、「四肢が退化していて細長い形をした爬虫類」「コブラ・ハブ・マムシなど鋭い牙と毒を持つ種類の蛇も多い」という特徴を持っています。

「serpent」と「snake」の違い!

「serpent」と「snake」の違い!

“serpent”“snake”の違いを、分かりやすく解説します。

“serpent”“snake”の分かりやすい違いは、“snake”よりも“serpent”のほうが大型の蛇であるということです。

“serpent”は特に「大型の毒蛇」というニュアンスを持っていますが、“snake”は毒蛇・小型の蛇も含めた「蛇一般」のことを意味する英語になっています。

また“serpent”(サーペント)は、“snake”にはない「実際に存在する蛇(へび)とは異なる水神・ドラゴン(龍)・悪魔のモチーフになったもの」の意味も持っている違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「serpent」「snake」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「serpent」とは、「大型の蛇・大きな毒蛇」「蛇神・水神・ドラゴン(龍)のモチーフ」を意味する英語です。

「snake」とは、「一般的な爬虫類の蛇(へび)」を意味する英語になります。

「serpent」「snake」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物