スポンサーリンク

「recognize」と「realize」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「recognize」と「realize」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「recognize」「realize」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「recognize」とは?

「recognize」とは?

「recognize」の意味は以下の通りです。

1つ目は「~の見分けがつく」という意味で、複数あるものがそれぞれ何であるか分かることです。

2つ目は「見おぼえがある」という意味で、過去に見たことがあると思うことです。

3つ目は「認識する」という意味で、あることを認めて受け入れることです。

4つ目は「承認する」という意味で、それで良しとすることです。

5つ目は「発言権を認める」という意味で、議会で発言を許されることです。

上記に共通するのは「はっきり認める」という意味です。

「recognize」の使い方

「recognize」「~の見分けがつく」「見おぼえがある」「認識する」「承認する」「発言権を認める」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞形は「recognition」になり「あるものを見分けること」「挨拶すること」「会釈すること」「認知」「認識」「認められた価値」などの意味で使われます。

基本的に、ある物をはっきりと見分けることや、認識して受け入れることに使われる言葉です。

「realize」とは?

「realize」とは?

「realize」の意味は以下の通りです。

1つ目は「~を悟る」という意味で、ある事柄を真に理解することです。

2つ目は「現実化させる」という意味で、あるものごとを実現させることです。

3つ目は「写実的にする」という意味で、いかにも現実の様に見せかけることです。

4つ目は「現金化する」という意味で、お金を換金することです。

5つ目は「利益をもたらす」という意味で、財産となるものを取得することです。

上記に共通するのは「現実的になる」という意味です。

「realize」の使い方

「realize」「~を悟る」「現実化させる」「写実的にする」「現金化する」「利益をもたらす」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞形は「realization」になり、「悟ること」「実感」「現実化」「達成」「現金化」「換金」などの意味で使われます。

基本的に、ある事柄の本質を理解することや、ものごとが実現することに使われる言葉です。

「recognize」と「realize」の違い

「recognize」と「realize」の違い

「recognize」「ある物をはっきりと見分けること」「認識して受け入れること」という意味です「realize」「ある事柄の本質を理解すること」「ものごとが実現することに」という意味です。

「recognize」の例文

「recognize」の例文

・『I recognized my old friend at once. 』
(すぐに旧友であることが分かった)

「realize」の例文

「realize」の例文

・『I realize the difficulties. 』
(困難であることを十分に理解する)

まとめ

まとめ

今回は「recognize」「realize」について紹介しました。

「recognize」「はっきり分かる」「認識する」「realize」「本質を理解する」「実現する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物