スポンサーリンク

「manufacture」と「produce」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「manufacture」と「produce」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「manufacture」「produce」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「manufacture」とは?

「manufacture」とは?

マニュファクチャと読む言葉で、ものを製造する、手で作る、機械で作る、加工するなどと言った意味にあたり、企画などの段階ではなく最終生産の段階となります。

この家を作ったのは誰?という質問で大工さんと答えられる、この車を作ったのは誰という質問で工場の人と答えられるのがmanufactureと言える方向性となっています。

(作るがmanufactureにあたります)さらに日本では工場制手工業のことを指すケースも有り、手作り的なイメージ、職人的なイメージの方向性の言葉となっています。

言葉の意味合いとしては商標での利用例が比較的少なく、直販のパン工場、派遣業務などで使われています。

レースの用語でのマニュファクチャラーという言葉は自動車メーカー直営チームのことを指しており、製造というニュアンスも含まれています。

「produce」とは?

「produce」とは?

プロデュースと読む言葉で、日本においては企画や人集めを行ってものを生み出すと言った形がイメージされる言葉となっていますが、つくり出す、 生産する、結果を生み出すなどの意味合いになっています。

produceするという言葉でも生産するという意味には使えますが、プロデューサーと言う言葉のイメージが非常に強いと言えるでしょう。

ニュアンスとして車を作ったのは誰?という質問で、メーカー(開発チーム)と答えるのがproduceということができます。

食品工場プロデュースという言葉がありますが、この場合では食品工場を作り出すという意味合いになっており、やはりプロデューサーをイメージできる作り方を指しているケースが見られ、その工場で食品を生産するという意味で使わないこともあります。

生産するという意味もありますが、日本においてわざわざproduceするというケースは稀と言えます。

「manufacture」と「produce」の違い

「manufacture」と「produce」の違い

「manufacture」「produce」の違いを、分かりやすく解説します。

manufactureは製品そのものを作り出すことで、手によるもの、工場機械によっても同じ言葉が使えますが、職人滴イメージの持たれる言葉と言えます。

produceも製造、生産という意味があり、製品を作り出すという意味はあるのですが大量に作り出すという意味合いまではなく、日本では企画、開発、スタッフを集めるなどの意味合いが強く使われており、音楽のプロデュースと言う言葉が非常に多く使われています。

音楽のmanufactureという言葉はほぼなく、演奏そのものが近いと言えば近いと言えます。

まとめ

まとめ

manufactureとproduceはともに製造という意味があり、英語ではproduceの一部がmanufactureという見方もありますが、日本ではプロデューサーという言葉のイメージが強いと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物