スポンサーリンク

「Good bye」と「See you」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Good bye」と「See you」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Good bye」「See you」の違いを分かりやすく説明していきます。

気になった英会話を、短時間でおさらいしましょう。

スポンサーリンク

「Good bye」とは?

「Good bye」とは「さようなら」のこと。

誰かとお別れするときに用いる表現です。

日本では「グッバイ」というと、とても明るい雰囲気があります。

けれども海外では、惜別に似たシリアスな意味合いも含まれています。

そのため、少々の気配りが必要になります。

もともと「Good bye」という言葉は「神のご加護を」という意味の英語から生まれた言葉です。

そのため知人や家族が亡くなった場合にも「Good bye」は用いられています。

また一生会うことのない切ない別れ、涙が出るような別れにも「Good bye」は使います。

別れの涙がよく似合う、情緒的なフレーズです。

「See you」とは?

「See you」とは「じゃあね、また会おうね」のこと。

近しい人にバイバイする、カジュアルな表現になります。

自分と同じ立場や目下の人に使うので、先生や目上の人に対して用いると失礼にあたります。

そのため使うシーンには、気を付けておきましょう。

ちなみに「See you」「再び会いましょう」の英単語を短くしたものになります。

そのため、すぐに会える状況であるとき、会おうと思えばいつだって約束できる間柄につかいます。

ご近所さんやクラスメート、親しい知人に対して用いていきます。

また「See you」をさらにカジュアルにしたフレーズが「See ya」です。

日本語では「それじゃあね」のような軽い別れの挨拶になります。

「Good bye」と「See you」の違い

それぞれよく似ている、別れの言葉になります。

「Good bye」「See you」の違いを、分かりやすく解説します。

・悲しみも含まれる「Good bye」
「Good bye」「See you」は、日本では同じようなフレーズとして認識されています。

けれども蓋を開けてみると、大きな違いがあります。

2つの言葉を隔てているのは、悲しみの気持ちがあるか無いかです。

「Good bye」は、次はいつ会えるのか分からない、切ない別れを含んでいます。

会おうと思えばいつだって約束できる「See you」よりも、どこか重たいニュアンスがあります。

そのためこれから海外に移住する友達と別れるときは「Good bye」を選びます。

仲良しのクラスメートと教室でバイバイするときは「See you」を選びます。

次の予定が分からない、切なさや悲しみが含まれる場合には「Good bye」と覚えておくといいです。

そして「Good bye」はお葬式など、もの悲しい席でも用いられます。

底抜けに明るく、ポジティブな「See you」は、このような場で利用されることはありません。

両者の違いを、勉強しておきましょう。

まとめ

「Good bye」「See you」の違いを分かりやすくお伝えしました。

「Good bye」「神のご加護を」という言葉にゆかりのある、物憂げな表現です。

そして「See you」は、カジュアルな「バイバイ」です。

フォーマルな「Good bye」カジュアルな「See you」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物