スポンサーリンク

韓国語「タシマンナヨ」と「ットマンナヨ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語「タシマンナヨ」と「ットマンナヨ」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タシマンナヨ」「ットマンナヨ」の違いを分かりやすく説明していきます。

気になる韓国語を、今すぐレッスンしていきましょう。

スポンサーリンク

「タシマンナヨ」とは?

「タシマンナヨ」とは?

「タシマンナヨ」とは「また会おう」のこと。

既におこなった動作を、再び繰り返すという意味もあります。

ストップしておいた出来事を、またやり直すこと。

リスタートを始めるのが「タシマンナヨ」です。

「タシマンナヨ」は男女の間でも用いられる、ディープな表現です。

カップルのどちらかが「タシマンナヨ」と言うと「お付き合いをやり直そう・ヨリを戻そう」という訳になります。

仲たがいを解消して、もう一度新しい日々を刻むのが「タシマンナヨ」です。

韓国の恋愛ドラマでよく耳にする、キュンとするフレーズです。

「ットマンナヨ」とは?

「ットマンナヨ」とは?

「ットマンナヨ」とは「再び会いましょう」のこと。

誰かと「さようなら」をするとき、事務的に用いられる表現です。

「またお目にかかれるのを、楽しみにしています」という訳があります。

どちらかというと、社交辞令に近いニュアンスを含んでいます。

仕事が終わって表面的なお別れを伝えるとき、それほど仲良くない人と「バイバイ」をするときに「ットマンナヨ」といいます。

話し手の感情が見えてこない、クールな言い回しの表現です。

年齢や立場に関係なく使える、ポピュラーな言い方だと心得ておくといいでしょう。

「タシマンナヨ」と「ットマンナヨ」の違い

「タシマンナヨ」と「ットマンナヨ」の違い

どちらも「別れ」にまつわる用語です。

「タシマンナヨ」「ットマンナヨ」の違いを、分かりやすく解説します。

・恋人同士で使うのは「タシマンナヨ」
「タシマンナヨ」「ットマンナヨ」には「また会いましょう」という共通した訳があります。

ただ使われる背景やニュアンスが微妙に異なっています。

「ットマンナヨ」はリップサービスのひとつで、相手との関係を壊さないように用いる社交辞令です。

無言でお別れすると、後腐れが悪くなるシーンで使います。

次はいつ会えるのか、定かではない場合に使うのが「ットマンナヨ」です。

対する「タシマンナヨ」は温かみがこもった、親しい間柄でつかう表現です。

「また会いたいね」と、心の底から思っている場合に使います。

そして仲直りをして、復縁する場合にも「タシマンナヨ」は用いられています。

「タシマンナヨ」が和気あいあいとした親密な間柄で利用されるのに対して、ビジネスライクな「ットマンナヨ」は一定の距離がある場合に用いられます。

言葉の温度差をつかんでおきましょう。

まとめ

まとめ

「タシマンナヨ」「ットマンナヨ」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも韓国ドラマで、よく耳にする表現です。

タシマンナヨにはリスタートという意味もあります。

単純な「さようなら」でも使われますが「復縁する」という訳も含んでいます。

そして「ットマンナヨ」「またお会いしましょう」のこと。

社交辞令やリップサービスとして用いられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物