スポンサーリンク

「management」と「control」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「management」と「control」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「management」「control」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「management」とは?

「management」とは?

「management」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人や組織を上手く扱うこと」という意味で、ものごとを思い通りに進めることです。

2つ目は「事業や計画などの運営能力」という意味で、ビジネスをうまく経営する手腕のことです。

3つ目は「家庭やPTAなどの運営」という意味で、小さなまとまりを作り上げることです。

4つ目は「扱いにくいものの管理」という意味で、普通の人には扱いづらいものを上手に扱うことです。

5つ目は「お金や時間などの有効利用」という意味で、資金を運用したり、スケジュールを上手に組むことです。

上記に共通するのは「上手く管理する」という意味です。

「management」の使い方

「management」「人や組織を上手く扱うこと」「事業や計画などの運営能力」「家庭やPTAなどの運営」「扱いにくいものの管理」「お金や時間などの有効利用」という意味で使われます。

名詞として使われ、動詞形は「manage」になり「取り扱う」「処理する」「~を管理する」「運営する」「切り抜ける」などの意味があります。

基本的に、人や組織をうまく取り扱うことや、資金や時間などを適切に管理することに使われる言葉です。

「control」とは?

「control」とは?

「control」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人や組織などを統制する」という意味で、他のものをまとめて指揮することです。

2つ目は「市場や持ち場を思い通り動かす」という意味で、ビジネスである部分を支配することです。

3つ目は「機械などを思い通りに調節する」という意味で、機械を思うままに操作することです。

4つ目は「抑制する」という意味で、人の感情や経費の無駄遣いなどを抑えることです。

5つ目は「危険な状態を食い止める」という意味で、災害や病気の拡大を食い止めることです。

上記に共通するのは「制御する」という意味です。

「control」の使い方

「control」「人や組織などを統制する」「市場や持ち場を思い通り動かす」「機械などを思い通りに調節する」「抑制する」「危険な状態を食い止める」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞として「支配」「管理」「制御」「抑制」「自制」などの意味で使われ、日本語でも「コントロール」として使われます。

基本的に、人や組織、機械などを制御することや、良くないことを避ける為に抑制することに使われる言葉です。

「management」と「control」の違い

「management」と「control」の違い

「management」「人や組織をうまく取り扱うこと」「資金や時間などを適切に管理すること」という意味です。

「control」「人や組織、機械などを制御すること」「良くないことを避ける為に抑制すること」という意味です。

「management」の例文

「management」の例文

・『Everything is under his management. 』(全てが彼の管理下にある)

「control」の例文

「control」の例文

・『This machine is out of control. 』(この機械は制御不能だ)

まとめ

まとめ

今回は「management」「control」について紹介しました。

「management」「管理する」「control」「制御する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物