スポンサーリンク

「research」と「study」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「research」と「study」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「research」「study」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「research」とは?

「research」とは?

「research」の意味は以下の通りです。

1つ目は「~について調査する」という意味で、ある事柄について情報を集めて現状を把握することです。

2つ目は「研究する」という意味で、論文などを書く為に深く調べたり実験したりすることです。

3つ目は「探究する」という意味で、科学を発展させる為にある分野について深く研究を続けることです。

4つ目は「アンケートを取る」という意味で、日本語で「リサーチする」として使われます。

上記に共通するのは「調査する」という意味です。

「research」の使い方

「research」「~について調査する」「研究する」「探究する」「アンケートを取る」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞として「研究」「調査」「科学的探究」などの意味で使われ、人を表す「-er」を付けて「reseacher」「研究者」「調査員」という意味になります。

基本的に、ある事柄について情報を集めることや、組織として研究することに使われる言葉です。

「study」とは?

「study」とは?

「study」の意味は以下の通りです。

1つ目は「~を学ぶ」という意味で、人から教わって身に付けることです。

2つ目は「勉強する」という意味で、自分で調べたり考えたりして身に付けることです。

3つ目は「検討する」という意味で、ある事柄について詳しく調べることです。

4つ目は「~に配慮する」という意味で、あるものごとに心を配ることです。

5つ目は「~を注視する」という意味で、ある物を観察する為にじっと見ることです。

上記に共通するのは「しっかり思考する」という意味です。

「study」の使い方

「study」「~を学ぶ」「勉強する」「検討する」「~に配慮する」「~を注視する」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞として「勉強」「学習」「研究」「調査」「学科」「学校教育」などの意味で使われます。

基本的に、人から教わって身に付けることや、自分で調べたり考えたりして身に付けることに使われる言葉です。

「research」と「study」の違い

「research」と「study」の違い

「research」「ある事柄について情報を集めること」「組織として研究すること」という意味です。

「study」「人から教わって身に付けること」「自分で調べたり考えたりして身に付けること」という意味です。

「research」の例文

「research」の例文

・『They are research students. 』
(彼等は研究生だ)

「study」の例文

「study」の例文

・『I studied hard to pass the exam. 』
(試験に合格する為に必死で勉強した)

まとめ

まとめ

今回は「research」「study」について紹介しました。

「research」「調査する」「study」「勉強する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物